FC2ブログ
オーストラリアドル

有名な角換わりの木村定跡とは

木村義雄14世名人が編み出したことで知られる木村定跡。ただし現代の公式戦では出現しないために、意外と知らない方も多いのではないだろうか。

この木村定跡とは、角換わり腰掛け銀の有名な先後同型の形から、互いに▲8八玉、△2二玉と入城した形の定跡のこと。第1図がその局面だが、実はこの局面、すでに先手が必勝なのだ。

第1図

第1図より ▲4五歩 △同歩 ▲3五歩 △4四銀 ▲7五歩 △同歩 ▲2四歩 △同歩 ▲同飛 △2三歩 ▲2八飛 △6三角(第2図)

同型角換わりのおなじみの手順で攻める。1筋の突き捨てを入れていないのは、後からでも充分間に合うとの判断。後手玉が2二にいるので端攻めがより厳しくなっているのだ。

先手は2筋を交換した後、2八に引いておく。次に▲7四歩が狙い。対して△6三金とするのは4一に角を打ち込まれる筋があって、後手が不利。3一玉型ならこの角打ちがない。ここでも2二玉型が損になっている。△6三角と打つのは仕方がないところ。

第2図

第2図より ▲1五歩 △同歩 ▲1三歩 △同香 ▲2五桂 △1四香 ▲3四歩 △2四歩(第3図)

先手は1筋からの自然な端攻めを繰り出す。そして桂を2五に跳ねてから▲3四歩と取り込む。攻め駒が一方的に捌けてきた。後手は△2四歩と催促するが、ここで決め手がある。

第3図

第3図より ▲3三桂成 △同桂 ▲2四飛 △2三金 ▲1一角 △3二玉 ▲3三歩成 △同銀 ▲4四桂 △同銀 ▲2三飛成 △同玉 ▲4四角成(第4図)

▲3三桂成~▲2四飛が好手。後手は1四の香を守るために△2三金と上がるしかないが、▲1一角が決め手。以下飛車を切って▲4四角成まで流れるような攻めが決まり、先手が必勝形となった。

第4図

結局第1図は先手が必勝ということになり、この形が指されることはなくなった。これ以降、7九玉・3一玉型で戦うのが主流となり現在に至っている。




タイトル戦の相横歩取り2

近年のタイトル戦における相横歩取りは前回取り上げた将棋ともう一局、2006年の王将戦第3局、羽生-佐藤戦でも現れている。

第1図

第1図より △6四歩 ▲2八飛 △3三桂!(第2図)

第1図では△8二角、△8二歩、△8六歩などが考えられるが、この△6四歩も有力な手の一つ。対して▲同角なら、△2八歩、▲同銀、△2四飛の角銀両取りで後手よし。

▲2八飛と自陣飛車で隙を消すのが定跡だが、そこで第2図の△3三桂がすごい手。飛車成りを受けずに勝負しようという手であり、ここから難解な局面に突入している。

第2図

相横歩取りはプロではあまり指されないが、後手もまずまず戦えるのではないだろうか。特に第1図の局面は後手に手が広い。まだまだ新しい手が発見される余地があるかもしれない。





マイコミ将棋BOOKS 乱戦!相横歩取り





タイトル戦の相横歩取り

昨日の棋聖戦第2局では珍しい相横歩取りとなった。だがタイトル戦で全く指されていない訳ではない。

第1図

第1図は有名な局面の一つで、2005年の名人戦第5局、羽生-森内戦で出現している。第1図以下、後手が△8六歩(第2図)と垂らしたのが工夫の一手だった。

第2図

実は第2図の局面で「羽生の頭脳」では▲8八歩で先手よしと書いてあったが、実戦では先手が▲8六同銀と指し、快勝を収めている。「羽生の頭脳」を上回る一手として、注目されたと記憶している。

ただ羽生三冠はこれまで、相横歩取りは先手がよいと考えていたように思われる。それだけに棋聖戦で後手番で採用したのは驚きであった。





マイコミ将棋BOOKS 乱戦!相横歩取り





アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ