オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急戦矢倉の定跡・その4

前回は後手の△5五同角に対して▲2五歩、△3三銀と進む展開を紹介したが、やや後手がやれそう。そこで第1図の▲7九角と引く手が主流となっている。これは次に▲4六角とぶつける狙い。

第1図

第1図より △7三角 ▲4六角 △6四銀 ▲7五歩(第2図)

この急戦の形では基本的に角交換は先手が得になる。後手のほうが駒組にスキが多く、角を打ち込まれやすい。そこで後手は△7三角と逃げておく。ここでは△2二角もあるが、先手は▲2五歩から飛車先の歩を交換しておけばじゅうぶん戦える。

△7三角には▲4六角と角をぶつけていく。対して△6四歩のような拒否の仕方なら▲7五歩と角頭をいじめて先手よし。そこで△6四銀と受ける一手だが、やはり▲7五歩(第2図)と角頭を攻めるのが急所となる。

なお、▲7五歩では▲6八角と引いておく手もタイトル戦に登場しており、ややじっくりとした展開となる。

第2図

第2図の後手は見た目以上にピンチを迎えている。まずは後手の失敗例を2つ示したい。 

失敗例その1 第2図より △7五同歩 ▲7四歩 △8四角 ▲6五歩(参考1図)

△7五同歩は大悪手。▲7四歩~▲6五歩とされると銀が逃げられずに駒損は必至。あっという間に後手が悪くなってしまう。

参考1図

失敗例その2 第2図より △7五同銀 ▲7三角成 △同桂 ▲5五角(参考2図)

△7五同銀も角交換から▲5五角で先手よし。単純な両取りが厳しい。とにかく後手陣はスキが多く、細心の注意を払わなくてはならない。

参考2図

第2図より △8四飛 ▲7四歩 △同飛 ▲5六歩(第3図)

△8四飛と浮くのが唯一の受けで、一応これで受かっている。先手は▲7四歩と取り込んだ後、△5五銀の筋を消すために▲5六歩(第3図)と受けておくくらい。

第3図

第3図も以前は先手有利と見られていたのだが、ここでまたしても渡辺新手が出る。これについては次回紹介したい。


変わりゆく現代将棋 上




スポンサーサイト

急戦矢倉の定跡・その3

かつては急戦矢倉は先手がやや有利とされてきた。しかしそれを覆したのが渡辺新手と呼ばれる優秀な構想である。

第1図は後手が△3三銀と上がったところ。この手が渡辺明竜王が2008年の竜王戦第7局(羽生-渡辺)で始めて指した新手。事前の練習将棋で当時三段だった阿部健治郎五段に指された手だったという。

通常、急戦の将棋では先手が2筋の歩を交換する展開が多い。この△3三銀は2筋の歩交換を防いで自分だけが一方的に得をしようという非常に欲張った構想なのだが、この手が成立するというのが新発見であった。

第1図

第1図より ▲6五歩 △7三角 ▲6六銀 △8四角 ▲7九角 △3一玉 ▲4六角 △9二飛(第2図)

先手はおとなしくしていると作戦負けになってしまう。そこで▲6五歩から▲6六銀と盛り上がるのが有力。以下▲4六角と角を活用して好調なようだが、後手もじっと△9二飛と耐える。

第2図

第2図より ▲7五歩 △同歩 ▲8六歩 △同歩 ▲8二歩 △7三桂 ▲8一歩成 △5二飛(第3図)

ここからの手順は竜王戦第7局の手順。先手は思い切って7筋、8筋を突き捨てて▲8二歩を実現させる。以下と金を作ったものの、△5二飛と回られた第3図は先手にとって自信のない展開だと思う。以下▲9一と、△5四銀と進んで後手のほうが駒に勢いがある。香得くらいではとても割に合わないのではないだろうか。

第3図

改めてまとめると、後手の△5五同角に▲2五歩と突くのは△3三銀の渡辺新手が有力で先手面白くない。そこで最近は△5五同角に▲7九角とする将棋が増えている。次回はそちらの形を説明したい。


永世竜王への軌跡




急戦矢倉の定跡・その2

そもそも急戦矢倉は基本的に後手が欲張った形である。先手が黙っていると後手は一歩を手持ちにして5四銀型の好形に組める。また角も5五~7三と2手で右辺へ転回でき、通常の3一~6四~7三というルートよりも手得している。

そこで先手は後手の欲張った構想をとがめるために強く戦うのがポイントとなる。消極的に受けているだけでは形勢を悪くしてしまう。

第1図は後手が5筋の歩を交換したところ。ここから先手は飛車先を伸ばす▲2五歩と、角のぶつけを狙う▲7九角が有力。順に説明していきたい。

第1図

第1図より ▲2五歩 △5四銀 ▲7九角 △7三角 ▲2四歩 △同歩 ▲同角 △2三歩 ▲6八角(第2図)

飛車先を伸ばす▲2五歩は自然な一手。対して△5四銀は昔よく指されていた一手。現在では△3三銀という渡辺新手が発見されてそちらの方が有力とされている。これについてはまた改めて説明したい。

先手の▲7九角は次に▲4六角のぶつけを狙っている。この戦型では基本的に角交換になったら先手が有利。なので後手は△7三角と角交換を避けておく。そこで先手は▲2四歩から一歩交換して▲6八角(第2図)と進行する。

△7三角のところ△2二角とこちらに引く手もよく指されていた。居角のまま先手陣を攻めようという狙いで、これも有力な指し方の一つ。攻め好きな人にはこちらをおすすめしたい。

第2図

第2図より △3一玉 ▲7九玉 △4四歩 ▲8八玉 △5二金(第3図)

ここからは互いにすぐに攻める手はないので持久戦となる。第3図は互いに玉を固めて形勢は互角といったところだろうか。後手もまずまず指せると思う。

第3図

第3図はこれからの将棋だが、後手としては2筋の歩を交換されているのが見た目以上に痛い。そこで2筋の歩を交換させまいという渡辺新手が登場する。その渡辺新手を次回説明していきたい。


マイコミ将棋BOOKS 対急戦矢倉必勝ガイド




急戦矢倉の定跡・その1

近年、タイトル戦で急戦矢倉が指されることが多い。それも渡辺竜王はじめ、森内名人や羽生三冠といった超トップ棋士が指しているため俄然注目されている。そこで急戦矢倉の基本的な手順を紹介していきたい。

なおこの形は阿久津主税七段がよく指すことから「阿久津流」と呼ぶ人もいるが、元々古くからある仕掛けなのでここでは「急戦矢倉」で統一させていただく。

まず第1図が基本形となる。後手は6一金型にしているのが特徴で、飛車の打ち込みに強い。もし△5二金と上がってしまうと飛車打ちのスキができてしまうため急戦には向かない。このあたりは注意が必要になってくる。

対する先手だが、急戦矢倉を嫌うなら第1図以前の段階で飛車先の歩を早めに伸ばしてしまうとよい。ただし持久戦になったときにやや損とされる指し方であり、プロ間ではまず現れない。やはり第1図のような形で迎え撃つのが基本となる。

第1図

第1図より ▲2六歩 △8五歩 ▲7七銀 △5五歩 ▲同歩 △同角(第2図)

後手が急戦で来ることが確定したので先手は▲2六歩とする。急戦に対しては基本的に飛車先を伸ばすと覚えておくとよいと思う。

△8五歩と伸ばしてきた時に▲2五歩と突く手はある。昨年の王座戦(羽生-渡辺)で現れた形で、互いに飛車先の歩を交換する展開となる。ただし実戦例は少なく、▲7七銀と上がるほうが自然な感じがする。

▲7七銀に対して後手は△5五歩から歩交換して第2図。後手としては5筋の歩を手持ちにして次に△5四銀と立てれば好形となる。

第2図

なお、第1図からの▲2六歩にすぐ△5五歩と仕掛けるのは▲6五歩(失敗図)となって後手が悪くなってしまう。以下△5六歩と取れば▲2二角成、△同金、▲5五角の飛車金両取りの筋がある。なので一旦△8五歩と決める一手が必要となる。こういう細かい所はうっかりしやすいので注意したい。

失敗図


すぐ勝てる!急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)




升田式石田流への対策は

いろいろと物議を醸している先日のNHK杯、中田宏樹八段-橋本崇載八段戦だが将棋の内容自体は素晴らしいものだった。

本局は後手の橋本八段が升田式石田流と呼ばれる戦法を採用する。アマチュアではこの戦法の使い手も多く、私もよく相手に使われて困っていたところ。なのでプロが実戦で対策を示してくれるのはありがたい。

第1図

第1図の先手陣だが、左銀を6八に置いたまま8八玉型に組んだのが面白い構想だった。もし仮に△4四飛としてくれば7七の地点が空いているため▲7七角(変化図)と打てる。以下△5四飛とするくらいだが、後手から動きづらい展開となり、先手が指しやすい。

変化図

実戦はこのあと先手が▲5六歩で銀を追ってから▲6六歩~▲6七銀と木村美濃に組んだのがバランスのよい構えで、作戦勝ちになっていると思う。このような将棋は序盤のちょっとした形の違いで後の展開が大きく変わってしまう。隙を作らずにバランスよい陣形を組み上げるプロの構想力の素晴らしさを再認識した一戦だった。
アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。