オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川浩司九段に紫綬褒章

 谷川浩司九段が紫綬褒章を受章した。将棋界にとって素晴らしいニュース。谷川九段は21歳という史上最年少で名人となったスーパースター。長年にわたり第一人者として活躍し、現在では会長職として将棋界を引っ張っている。

 「光速の寄せ」と呼ばれる一直線に寄せきる技術は後輩棋士たちに大きな影響を与え、終盤戦の戦い方を180度変えたと言っても過言でないほどの衝撃的であった。

第1図

 自分が最も素晴らしいと感じた将棋は1992年の第5期竜王戦第1局。数手前に打った△5七桂から第1図の△6八銀の組み立ては完璧で、まさに芸術作品を見ているような美しさであった。受賞おめでとうございます。


「月下推敲」谷川浩司詰将棋作品集




スポンサーサイト

スケールの大きな中村太地六段の将棋

王座戦で惜しくも敗れてしまった中村太地六段だったが、最後まで羽生善治王座を苦しめる立派な戦いぶりだった。また内容面でもスケールの大きな将棋が光っていた。

第1図

第1図は最終第5局の中盤戦。3筋、4筋に位を取って堂々とした駒組。現代将棋では玉をがっちり固めることが多く、このような構想はなかなか見られない。昭和の古き良き時代を思わせるような手厚い将棋である。

そして第1図から△6五歩!、▲同桂、△5四歩(第2図)と進む。

第2図

△6五歩と打って桂馬を呼び込んでおいてから△5四歩と突く。いくら銀を殺すためとはいえ、相手の攻めを呼び込んで怖すぎる順である。羽生王座を相手にこの手を選べる度胸が素晴らしい。本局に限っては数手後に▲9五角という好手を指され先手の攻めが繋がってしまったが、相手の攻めを呼び込んで受けきろうというなんともスケールの大きな将棋だった。

敗れたとはいえ、羽生王座相手に内容的にも互角以上に渡り合った戦いぶりは素晴らしかった。近い将来、必ずタイトルを取ってくれると期待したい。

マイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破り



相川春香さんが女流2級に昇級!

相川春香女流3級が本日の第7期マイナビ女子オープン一斉予選で2連勝で本戦入りを決め、規定により女流2級への昇級を決めた。

相川さんは2011年10月に女流3級となっている。実は女流3級としていられるのは2年間だけで、期限は来月末までだった。ギリギリのところで念願の女流2級への昇級となった。

最初の1年はなかなか成績が上がらず苦労したが、着実に力を伸ばしてきたようだ。まだ19歳と若いだけに今後の活躍に期待したい。

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★

月額105円~容量最大120GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

豊島将之七段の棋風とは

若手の有望株として期待の豊島将之七段。だが大舞台での活躍はまだそれほどなく、どんな将棋を指すのか知られていない部分も多い。

一言で言えば「研究家」である。若手はみな研究熱心だが、その中でも飛び抜けた研究家のイメージである。もちろん序盤だけではなく、中盤以降も正確で、確実に勝ち星を積み重ねている。

先日放送されたNHK杯1回戦の村田智弘六段戦から豊島七段の指し手を紹介したい。

第1図

第1図は△7一歩と打ったところ。この手により8三角の動く場所がなくなり、また▲8一飛と打ち込まれたときにも受けに利くという手。地味ながら好手である。

第2図

第2図は5三の玉を△5二玉と引いたところ。この手により後手玉の安全度が格段に高まり、形勢がはっきりした。当然の手とはいえ、冷静な好手だった。

このように、堅実な手を着実に積み重ねて勝つのが豊島流である。ただ、相手を圧倒するような爆発力はまだそれほどないような感じがする。その辺りが今後の課題だろうか。

ちなみに2強との対戦成績を見ると羽生善治三冠には2勝1敗と勝ち越している。しかしまだ3局しか対局がない。早くタイトル戦での対決を期待したい。一方、渡辺明竜王に対しては分が悪く、2勝7敗と大きく負け越している。

2強時代がしばらく続くと思うが、それを豊島七段が打ち破れるのかどうか。これからの活躍が楽しみだ。




桐谷広人七段のうちわが発売に

「笑っていいとも」等のテレビ出演で大人気の桐谷広人七段がうちわを発売、さらにはイベントを開催するとのことである。

将棋ファンでありながら申し訳ないことに桐谷七段のことはほとんど存じ上げていなかった。もしかしたら世間の一般の人のほうが桐谷七段に詳しいかもしれない。

升田幸三門下で、2007年3月に引退。弟子には大平武洋五段がいる。居飛車党で、二枚銀などの急戦を得意としていたようだ。

こういうイベントは今まで将棋に興味がなかった人にもいいアピールになり、新たなファンの獲得につながるはず。今以上の桐谷ブームに期待したい。

「桐谷七段うちわ」イベント開催!
http://www.shogi.or.jp/topics/2013/08/post-790.html


七段 桐谷広人 うちわ







アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。