オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相矢倉・脇システムについて

先日の記事でちらっと紹介したNHK杯の準々決勝・三浦弘行八段-郷田真隆棋王戦から。

011

この将棋は脇システムと呼ばれる戦型で、図は郷田棋王が6四の角を4二に引いたところだが、この△4二角が珍しい。私は知らなかったが、古い定跡にはある手のようで、近年では2004年の王将戦第4局(森内-羽生)でも指されていた。

この△4二角では△1四歩とするのが一般的だが、よくよく考えてみると、棒銀で攻められる可能性があるのに端歩を突くというのは、将棋の常識からするとおかしな一手である。そこで△4二角と角交換を拒否し、後手から9筋を攻めるというのは非常に理にかなっている。本筋を追求する郷田棋王らしい構想だ。そう考えると先手が▲9六歩と突くのもおかしいのかもしれない。常識とされていた手が実は間違っているかもしれない。いろいろと考えさせられる将棋であった。

この脇システムはプロ間で現在ブームになりつつある。今後定跡がどのように進化していくのであろうか。




スポンサーサイト

いよいよ明日はA級順位戦最終局

いよいよ明日、A級順位戦最終局が行われます。将棋界の一番長い日とも呼ばれ、ファンの間では注目の的となっています。

明日の対戦カードはこちら。(左側が先手)

橋本崇載八段(2勝6敗)- 羽生善治三冠(7勝1敗)
渡辺明竜王(5勝3敗)- 郷田真隆棋王(5勝3敗)
高橋道雄九段(2勝6敗)- 三浦弘行八段(6勝2敗)
屋敷伸之九段(4勝4敗)- 谷川浩司九段(2勝6敗)
深浦康市九段(3勝5敗)- 佐藤康光王将(4勝4敗)

注目はなんといっても羽生三冠-橋本八段だろう。羽生三冠は勝てば自力での名人挑戦が決まる。もし名人戦に登場となれば、森内俊之名人とは3年連続8度目の名人戦での対決となる。ここまで来るともはや風物詩とも言えるだろう。また二人の対決を見たいというファンも多いのではないだろうか。

一方、A級初参加の橋本八段はここまで大苦戦を強いられてきた。だが、前回の谷川九段戦で2勝目をあげ、残留に望みを繋いでいる。もし勝てば他の結果次第ながら残留の可能性が出てくる。持ち前の度胸と勝負強さを発揮することができるかどうか。

対戦成績は羽生三冠の4勝、橋本八段の2勝。橋本八段の先手ということで、相矢倉を目指すのではないかと思われる。両者の戦いぶりに注目したい。




里見女流名人が大熱戦を制し四冠を死守!

女流名人位戦第5局は、里見香奈女流名人が大激戦を制し見事に防衛を果たし、四冠を死守しました。上田初美女王も大健闘しましたが、あと一歩及びませんでした。

中継サイト http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

010

図が投了図です。

投了図以下、△7三同金に▲同玉として、先手の勝ちが決まります。両者の玉が向かいあう、大熱戦にふさわしい投了図となりました。

女流のタイトル戦でこれほどまでにレベルが高く、拮抗したシリーズがあったでしょうか。今シリーズは屈指の名勝負だったのではないかと思います。またこのような戦いを見せてほしいものです。

女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け







相横歩取りは難しい

以前、ネット将棋で相横歩取りを指したとき、図の局面になった。

009

先手が私なのだが、図の△2七角という手を初めて指されて焦ってしまった。とっさに▲7二銀と打ったのだが、△5二金と逃げられて銀が重たくなり、あっという間に勝てない将棋になってしまった。

羽生の頭脳9巻によると、少し違う形だが(左銀が7七にある形)、△2七角には▲7三歩とたらして先手よしと書いてあった。事前に知っていなければ、なかなか思いつかない手である。

それにしても定跡手順からわずか2手で必敗形になってしまうとは情けない。相横歩取りの特徴とはいえ、自分の勉強不足を痛感させられた一局だった。

羽生の頭脳〈9〉激戦!横歩取り







運命の大一番・女流名人位戦第5局

里見香奈女流名人に上田初美女王が挑んでいる女流名人位戦。最終局となる第5局が2月27日に行われます。

中継サイト http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

シリーズ前までは里見女流名人に勝ったことがなかった上田女王だが、ここまで互角に戦っている。ここで勝って二冠王となり二強時代の到来となるのか、あるいは里見女流名人が四冠を死守して夢の全冠制覇へ望みを繋ぐのか、目の離せない大一番です。

両者ともに5番勝負でのフルセットは初めてとのこと。対戦成績は里見女流名人の7勝2敗。ここまで全て先手番が勝っているだけに、振り駒の結果と両者の作戦選択に注目です。




初心者の登竜門・ハム将棋

初心者の方がまず最初に指していただきたいのがこちら。

ハム将棋
http://www.hozo.biz/shogi.html

プログラムとしてはそれほど強くはない。だが、初心者の方が基本を覚えるにはいい相手ではないだろうか。ハム将棋にきっちり勝てるようになれば、それなりの手応えを得られると思う。初心者の方にとっての、登竜門と言ってもいいかもしれない。また、駒の動かし方や、基本的な手筋の説明もあり、親切な作りとなっている。

また、ハムスターのキャラクターが非常にかわいい。将棋の勝ち負けを抜きにしても楽しめるのではないか。ぜひ一度指してみてください。


先日指してみた棋譜がこちら。先手のハム将棋が初手▲7八金と挑発!?してきたので、石田流で撃破しました。








電王戦まであと1ヶ月ほど。楽しみですね。




郷田真隆棋王、一刀流で圧倒

今日のNHK杯郷田真隆棋王の強さが光った一局だった。

008

後手の郷田棋王が優勢で迎えた終盤。図の△7五桂が絶好の一手だった。これが次に△8七桂成 ▲同金 △8九銀以下の詰めろになっている。郷田棋王が極上の切れ味を見せ、三浦弘行八段を圧倒した一局だった。

余談だが本局の解説は丸山忠久九段だったのだが、トップ棋士らしく指し手の指摘が的確で、また、イメージとは違って(?)非常にハキハキとした話し方で、とてもよかった。ぜひ今後も起用していただきたいです。




棋王戦第2局、渡辺明竜王が勝ち1勝1敗に

棋王戦第2局は先手の渡辺明竜王が郷田真隆棋王を破り、対戦成績を1勝1敗のタイとしました。

007

相横歩取りのような形から、互いに桂頭を攻めるという大変珍しい将棋に。ただここで△3七歩成と攻めるのは▲7三歩成とされると後手玉が詰めろになってしまい、攻め合い負けしてしまいます。そこで郷田棋王は図から△7二歩と辛抱しましたが、先手がやや指せる将棋となりました。以下、難しいところもあったようですが、渡辺竜王がきっちり勝利を収めました。

渡辺竜王は同時進行の王将戦も戦っており、こちらは3勝1敗とリードしています。今の充実ぶりを見ると、三冠王も夢ではないような気がします。




LPSAの処分について

LPSAによる一方的な契約解除通知と、石橋女流四段の マイナビ女子オープン対局放棄についての記者会見
http://www.shogi.or.jp/topics/2013/02/post-696.html

興味のある方は、じっくり読んでみてください。

それにしても、LPSAのやることは理解できない。対局のボイコットにスポンサー批判・・・。そもそも棋士というものはスポンサーが棋戦を主催してくれているおかげで対局の機会が与えられているのである。だからこそ全身全霊を傾けて対局に挑むのである。谷川浩司会長も言っていたが、まさしく対局は棋士にとっての命なのだ。

もう一つ、LPSAの記者会見には弁護士ばかりが出てくる。当の所属女流棋士たちはどのような考えなのだろうか?何か他人ごとな態度のようで、残念である。世間的にLPSAがあまり支持されていないのも、その辺に理由があるのだろう。今回の件は自分たちの組織の存続にも関わる重大な問題である。もう少し自分たちの思いを、一生懸命話したほうがいいのではないだろうか。




明日は棋王戦第2局

明日は棋王戦第2局が行われます。
第1局は郷田真隆棋王が快勝。ここで一気に連勝となるか、渡辺明竜王がタイに戻すか、注目の一戦です。

戦型は渡辺竜王が先手ということで、角換わりを目指すのかな、と思います。対する郷田棋王が受けてたつのか、非常に注目されます。


棋王戦中継サイト
http://live.shogi.or.jp/kiou/




A級順位戦最終局、完全生放送

将棋「名人戦」順位戦A級リーグ最終全対局を初の完全生中継(スカパー)
http://blogs.skyperfectv.co.jp/20121227-65.html

第71期A級順位戦最終日 全5局を生中継!(ニコ生)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv127113530

スカパーとニコ生でA級順位戦最終局の生中継があるようです。しかも対局開始から終局までの完全生中継!!将棋ファンにとっては、大変ありがたい時代になりましたね。10年前には考えられなかった状況です。

挑戦者争いは羽生善治三冠と三浦弘行八段の一騎打ち、一方の残留争いは深浦康市九段、谷川浩司九段、高橋道雄九段、橋本崇載八段の四名が2枠をかけて争います。

目の離せない最終局になりそうです。




渡辺明竜王、王将位に王手!

王将戦第4局は渡辺明竜王が佐藤康光王将に競り勝ち、対戦成績を3勝1敗として初の王将位に王手をかけた。

005

図は激戦の局面で、優劣不明に思えるところ。
ここから渡辺竜王の指し手がすごい。

▲5七金 △5二歩 ▲4七金 △7二金上 ▲同桂成 △同金 ▲5八金

006

▲5七金がすばらしい決め手だった。もし△同馬ならば馬が8三に利かなくなるため、▲6二飛成が成立する。△同金と取れば▲7一銀打、△9三玉、▲8三銀成以下後手玉が詰む。馬を移動させられたのが大きい。

佐藤王将は馬を見捨てて粘るが最後の▲5八金が激辛流ともいうべき手で、後手は指し手に困っている。渡辺竜王らしい正確無比な指し回しが光った一局で、初の王将位に王手をかけた。




コンピュータに勝てば100万円!

コンピュータに勝てば100万円! 世界最強「GPS将棋」対局イベントをニコニコ本社で開催
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1302/18/news066.html

とのことです。
正直、今のコンピュータソフトは強いです。並のアマチュアではまったく歯が立たないでしょう。それにしても100万円とはずいぶん思い切ったことをしますね。万が一敗れるということもないとは言い切れませんが・・・。

ちなみに私はパソコン用ソフトの激指4を持っているんですが、2級レベルまでなら勝てるんですが、初段レベルより上だとほとんど勝たせてもらえません。一応ネットの将棋倶楽部24では三段で指してるんですが・・・。それくらいソフトは強いです。

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る







将棋の必勝法とは

誰もが一度は将棋の必勝法はないのかと考えたことがあるでしょう。しかし、将棋は複雑なゲームであり、必ず勝てるというのはたとえプロ棋士であってもありえないことです。

しかし、必勝とまではいかなくとも、勝率をアップさせるコツはいろいろあります。今回はそれを自分なりに考えてみました。

① 得意戦法を持つ

得意戦法を持っていれば、序盤から自信を持って指すことができますし、指し慣れているので作戦勝ちをおさめることも多くなるでしょう。

② なるべく玉を固くする

現代将棋では特に玉の固さがものをいいます。序盤のうちになるべく玉を固く囲っておいたほうが勝ちやすいのは間違いありません。

③ 困ったときは攻める

消極的な指し方は相手を楽にしてしまいます。思い切って攻めていったほうが、相手にとっては厄介です。特に不利なときほど前に出ることを考えましょう。

④ 有利なときほど慎重に

将棋は逆転のゲームとも言われます。有利だからと油断していると、相手に逆転のチャンスを与えてしまいます。慎重に指しましょう。


思いつくままに4つほど挙げてみました。これらを実践するだけでもグッと勝率がアップするのではないでしょうか。ぜひお試しください!!




きのあ将棋と戦ってみた

きのあ将棋という、ネット上でプログラムと対局できるサイトがあったので、試しに指してみた。コンピュータ将棋といえば現在、注目の的で、来月にはついに電王戦でプロ棋士と対決する。だからという訳ではないが、いろいろなプログラムの実力や個性を見てみたかった。

本当は初手から棋譜を見てもらおうと思ったのですが、棋譜再現ソフトをうまく設置できないので、仕方なく図面で紹介します・・・。

003

ここで攻め手がわからなくなり、かなり焦って長考してしまった。後手陣に意外とスキがないのだ。だがここから▲4六歩 △5二金 ▲4五歩と進めて、以下▲7一角の狙いが実現した。

004

以下、何とか勝つことができたが、途中はかなり冷や汗をかいた。人間がソフトと戦うのは、かなりのプレッシャーがかかってしまう気がする。

きのあ将棋 http://syougi.qinoa.com/ja/




よくわからない

今、LPSAのことがいろいろと話題になっている。自分は詳しいことをあまり知らなかったので、いろいろ調べてみたのだが、どうもこの団体のことはよくわからない。


そもそも現在のLPSA所属の女流棋士というのは、連盟に所属していたときに女流プロとしての立場を認められて、連盟から段級位が与えられた人たち。本来ならば連盟を離れればその資格は失われるはずである。ところがLPSAは連盟から独立後もかつての連盟時代のプロ資格、段級位でもって活動しており、そのことを連盟から認めてもらっているのだ。


さらには連盟側が主催している女流棋戦は現在7つあるのだが、その全てにLPSAの所属棋士も参加している。そして、昇段・昇級の規定も、連盟側と同じ基準を適用しており、連盟主催の棋戦での成績でもって決めている。
結局のところ、連盟が作り上げてきた女流棋界のシステムの中で活動しているのである。


にも関わらず、今回のようにボイコットという行動を取るというのは、まったくもって理解できない。連盟側のシステムで動いている以上、勝手な棋士認定や昇段・昇級規定を作るというのは考えられない。もしどうしても自由にやりたいというならば、連盟時代の肩書きを全て返上し、一から独自のシステムを作って独自に活動するべきである。




棋士のピークの年齢は?

棋士のピークは何歳くらいだろうか?それを調べるために、タイトル保持者の平均年齢の推移を調べてみた。
データは20年前、10年前、今年の3つで、1月1日時点でのもの。


    1993年        2003年        2013年
名人 中原誠 (45)    森内俊之(32)    森内俊之(42
竜王 羽生善治(22)    羽生善治(32)    渡辺明 (28
王位 郷田真隆(21)    谷川浩司(40)    羽生善治(42
王座 羽生善治(22)    羽生善治(32)    羽生善治(42
棋王 羽生善治(22)    羽生善治(32)    郷田真隆(41
棋聖 谷川浩司(30)    佐藤康光(33)    羽生善治(42
王将 谷川浩司(30)    佐藤康光(33)    佐藤康光(43

平均  27.4歳        33.4歳        40.0歳


このデータを見ると、近年になってタイトル保持者の年齢が上がっていることがわかる。

かつては25歳くらいがピークとも言われていたし、実際羽生さんが七冠になったのも25歳のときだった。だが近年では明らかにピークの年齢が上がってきている。現在7つのタイトルの内、6つを40代の棋士が保持しているのである。これは単に羽生世代が強いということだけではなく、プロの勉強法や将棋の質が変わってきたことが理由なのではないか。現代将棋は複雑で難解だが、そういう時こそ長年にわたって培ってきた経験や知識といったものが役立っているのだと思う。

今後どのように推移していくのか楽しみです。

勝ち続ける力 (新潮文庫)







加藤一二三九段、偉業達成

加藤一二三九段が通算1309勝をあげ、歴代通算勝利数で単独2位となりました。

いやー、ホントに嬉しいニュースですね。巷で大人気の加藤さんですが、自分ももちろん大好きです。以前NHKでやってた講座も毎回欠かさず見てましたし。

それにしても60年近く現役を続けて、信念を持って将棋を指し続ける姿は、胸を打つものがありますね。自分も居飛車党なので棒銀をよく指すんですが、加藤さんの存在にいつも勇気づけられています。これからも少しでも長く現役を続けていただきたいです。

ちなみに歴代一位は大山名人の1433勝だそうです。是非とも更新してもらいたいものです。

将棋名人血風録 奇人・変人・超人 (oneテーマ21)







女流名人位戦は2勝2敗のタイに

本日は女流名人位戦第4局がありました。結果からいうと挑戦者の上田初美女王が里見香奈女流名人に95手で勝ち、対戦成績を2勝2敗としました。

里見さんの石田流に対して、居飛車穴熊に組んだ上田さんが攻勢を取る展開となり、見事な攻めが決まりました。

里見さんは現在四冠を保持する女流の第一人者で、過去にタイトルを失ったことが一度もありません。その里見さんを相手に互角に渡り合う上田さんの強さは目を見張るものがあります。

上田さんがタイトルを奪取するのか、里見さんが踏みとどまるのか、決戦となる最終局に注目ですね。


女流名人位戦 中継サイト http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/




王将戦第3局 佐藤康光王将が快勝で1勝を返す

王将戦7番勝負第3局は先手の佐藤康光王将が快勝しましたね。これで1勝2敗となりました。

昨日の封じ手の局面ではすでに先手が指しやすそうに見えましたが、やはり先手が作戦勝ち気味だったのでしょうかね。後手の渡辺竜王としては、終始攻め手をつかむのに苦労している印象でした。

本局でもっとも印象深かったのが下の局面。

第1図

ここから、▲8七玉!! △9八歩成 ▲8五歩 △9四飛 ▲9五歩 △同飛 ▲8六玉!!と玉みずから突進して端攻めを受け止めてしまいます。

第2図

佐藤王将の力強さが存分に発揮された手順で、終わってみれば先手の快勝となりました。
第4局以降がますます楽しみになってきますね。

佐藤康光の戦いの絶対感覚 (最強将棋塾)







王将戦第3局 初日

今日から王将戦第3局が始まりましたね。

戦型は相矢倉を予想していましたが、後手の渡辺竜王が横歩取りを選択しましたね。

封じ手の局面ですが、パッと見では先手の佐藤王将の模様がよさそうな気がします。

2六歩~4六歩と歩を伸ばしたことで、後手の左銀が使いづらいです。

明日はどう進行するか、今から楽しみです。




初めまして

将棋のブログを始めることにしました。


自分の体験や、プロの将棋の感想などを気楽に書いていこうと思います。




アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。