FC2ブログ
オーストラリアドル

羽生善治三冠、名人戦の挑戦者に!

A級順位戦最終局、羽生善治三冠-橋本崇載八段は羽生三冠が快勝。8勝1敗で見事に名人挑戦を決めました。
羽生三冠の名人戦登場は6年連続13回目。これは途方もない数字で、ただ驚くばかりです。

012

図で先手は▲2四金と出る手を狙っている。ここから羽生三冠が強さを発揮する。

図より△4五銀 ▲2六飛 △6二角 ▲3六銀 △3四銀引

013

△4五銀~△6二角が厳しかった。間接的に2六の飛車をにらんでおり、先手の動きを牽制しているのだ。橋本八段は仕方なく▲3六銀と打ったが、すかさず△3四銀引とされて、今度は3六の銀が取り残されてしまう。

数手進んで下図に。

014

図より△7五歩 ▲同歩 △8四飛 ▲4八銀 △7三桂

015

後手は流れるように自然に駒を活用していく。優勢なときの羽生三冠は自然流で、まったく無駄がない。先手は右辺の駒がまったく捌けないのが痛い。3五の銀が動くと2六の飛車を取られてしまう。以下数手で先手が投了し、後手の快勝となった。

羽生三冠は見事な指し回しで名人挑戦権を得た。ここ2年は森内俊之名人に敗れているだけに、リベンジに燃えているに違いない。面白いシリーズになりそうだ。一方橋本八段は2勝7敗で降級となってしまった。残念だが、まだ若いので来季以降に期待したい。




スポンサーサイト



A級順位戦最終局・ここまでの進行

将棋界の一番長い日、A級順位戦最終局は現在夕食休憩中。ここまでの戦況を簡単に見てみます。


橋本崇載八段 - 羽生善治三冠
先手の橋本八段が意表の中飛車を選択。序盤から3四の歩をかすめとって歩得したものの、羽生三冠の金銀が盛り上がってきて押さえ込み体勢に。その後のやりとりで橋本八段が角金交換の駒損になってしまう。後手の羽生三冠がやや有利な展開か。

渡辺明竜王 - 郷田真隆棋王
相矢倉から、先手の渡辺竜王が攻める得意の展開。攻めが繋がりそうで、しかも残り時間が郷田棋王のほうが約3時間も少なくなってしまい、郷田棋王としてはかなり厳しい状況である。渡辺竜王はいつも通りの自信満々な様子に映る。

高橋道雄九段 - 三浦弘行八段
先手の高橋九段が横歩を取らず、後手の三浦八段が横歩を取る展開に。ここは進行が一番遅く、どんよりした重たい空気が流れている。形勢はまだ互角と思われるが、お互い力を出し切れる展開だろう。

深浦康市九段 - 佐藤康光王将
佐藤王将の意欲的な序盤に対し、深浦九段が思い切りよく仕掛けて大乱戦となった。深浦九段の気迫あふれる戦いぶりだが、その後局面が落ち着き、持久戦模様に。金銀をうまく自玉付近によせた佐藤王将が少し指しやすそうに見える。

屋敷伸之九段 - 谷川浩司九段
谷川九段のゴキゲン中飛車から始まり、相穴熊に。お互い玉が固く、まだ終局まで時間がかかりそう。先手の屋敷九段のほうが右桂を使えそうな分よさそうだが、谷川九段がここからどう巻き返していくか。


対局は19時に再開。ここからが真の勝負どころで、深夜1時頃までには結果が出ることと思われます。はたしてどのような結果になるでしょうか。




アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ