FC2ブログ
オーストラリアドル

囲碁・井山本因坊が史上初の六冠王に!!

私は囲碁はほとんどわからない初心者なのだが、ビッグニュースが飛び込んできたので取り上げたい。

井山裕太本因坊、初の棋聖を獲得…史上初の六冠
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130314-OYT1T00947.htm?from=top

囲碁界のトップ棋士の井山裕太さんが棋聖を獲得して、史上初の六冠になった。
囲碁界にも全部で7つのタイトルがあり、残るタイトルの名人位を獲得すると、空前絶後の7冠制覇となる。1996年、将棋界は羽生善治七冠の誕生で空前のブームとなったが、囲碁界にもそれと同じような流れが来ているようだ。

一つの競技で同じ人が勝ち続けるというのは大変困難である。トップに立つ人は目標にされ、研究されてしまう。計り知れない重圧を感じることもあるだろう。その中で勝ち続けるのは、抜きん出た実力と、人並み外れた精神力がないとできないことだ。とても偉大なことである。前人未到の七冠への挑戦が楽しみだ。

余談だが井山さんの奥様は将棋の室田伊緒女流初段である。将棋世界の最新号には2人の対談が掲載されている。興味のある人はぜひ読んでみてください。




スポンサーサイト



詰め将棋の効能・その2

詰め将棋を解くことによって学べることはいろいろあるが、その中でも大きいのが、詰みの形がわかるようになることである。

将棋は9×9の限られた盤の中で行われる。駒の動きもあらかじめ決まっている。だから王様を詰ますときも、ある程度パターンが限られてくる。

そのパターンを知っているのと知らないのでは大違いである。あらかじめ知っておくことによって、実戦の際に短い時間であっという間に詰ますことができるのだ。この差はかなり大きい。これは読みというより、知識の違いである。

代表例として、詰みの形を3つあげてみる。

第1図

第1図は一間竜と呼ばれる形。後手が2一に合い駒をしても▲2二金と打って詰む。有名な形で、実戦でも頻出の手筋である。

第2図

第2図は金頭桂という手筋。△3三同金と取らせて▲2二金で詰みである。これは知らない人はなかなか指せない。受けの側もうっかりしやすい。これがわかると、初心者卒業と言っていいかもしれない。

第3図

第3図は飛車による空き王手である。これで合い駒も利かず、玉も逃げられないのでこの瞬間に詰んでいるのだ。

とりあえず3つほど例をあげたが、実際にはもっとたくさんのパターンがある。これらを一つずつ覚えるのが大事。
初心者のうちはいくら時間がかかっても構わない。慣れてくると、徐々に複雑な形の詰みも読み切れるようになってくる。そうやって実力をアップさせていくのだ。


ちなみにアマチュアでも有段者の人は上の3つの図が詰みだということを一瞬で認識できる。手を素早く読んでいる訳ではなく、あらかじめ詰みの形を知っているのだ。こういう形になれば詰み、というパターンをたくさん知っていて、瞬時に当てはめることができるのである。だから簡単な3手詰めなら、有段者ならそれこそ1秒で答えられる。
繰り返すが、パターンを覚えていくことが上達への道である。それには詰め将棋を解くことが最適である。

3・5・7手実戦型詰将棋―基本手筋をマスターし、級から段へ







アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ