FC2ブログ
オーストラリアドル

森内俊之名人、完璧な寄せで先勝!!

名人戦第1局は森内俊之名人が羽生善治三冠を破り、防衛に向け、幸先のよいスタートとなった。

第1図は森内名人が優勢な場面。ここからの寄せが完璧だった。

第1図

第1図より △6九角 ▲5九飛 △6八銀 ▲6九飛 △同銀不成 ▲6七角 △2四銀 ▲1一歩成 △4八飛(第2図)

△6九角が当然ながら厳しい。対して▲5九飛では▲5八角も考えられたが、少し先手が悪いようだ。仕方ない▲5九飛に対して△6八銀が好手。▲同金なら当然△8七角成がある。

先手も▲6九飛~▲6七角と抵抗するが、△2四銀で手順に桂を取り、△4八飛と下ろす。ここでは△8五桂が指摘されていたが、飛車打ちのほうが自然である。

第2図

第2図より ▲1二角打 △2二金 ▲3四角引成 △8五桂 ▲7七香 △7五歩(第3図)まで森内名人の勝ち

▲1二角打に対して△2二金が手堅い。角を追ってから先ほど手にいれた桂で△8五桂と厳しく迫る。先手はなお▲7七香と粘ったが、最後の△7五歩が決め手。ここで先手の投了となった。

△7五歩は地味ながら綺麗な決め手である。詰めろではないようだが、▲1二ととしても△3二金としておいて先手からの攻めがない。対して後手は次に△7六歩と取り込めばいい。持ち駒のない先手は指しようがない。

第3図

第1局は森内名人の快勝となった。昨年の第1局を思わせる完璧な勝利である。だがシリーズは始まったばかり。羽生三冠の巻き返しに注目したい。




スポンサーサイト



電王戦第4局、塚田泰明九段対Puella α

第2回電王戦第4局の塚田泰明九段-Puella α(プエラアルファ)が迫ってきている。コンピュータ側が2勝1敗とし、ここで勝てば勝ち越しが決まる、勝負どころである。

塚田九段はかつて王座を獲得したことのある実力者である。だが、失礼ながら今回の出場プロ棋士の中で一番苦戦するのではないかと思っていた。何故かというと、若手のほうが子供の頃からコンピュータ将棋に接しているので、コンピュータの特徴を自然と把握しているだろうと思うからだ。一方塚田九段はベテランなので、子供の頃にはまだコンピュータ将棋は発展していなかった。だから感覚の違いに戸惑ってしまうのではないかと心配しているのだが、どうなるだろうか。

一方のPuella αは未知数である。前回の故・米長邦雄永世棋聖と戦ったボンクラーズの後継のソフトなので、知名度の高さはある。だが、あの時は人間側が2手目に△6二玉という変化球を出した将棋だったため、内容的にはあまり参考にならないのである。

ここ2戦はプロ棋士が悔しい負け方をしただけに、今回こそは塚田九段に意地を見せてもらいたい。後手番だが、塚田スペシャルのような激しい攻めに期待したい。

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る







解けなかった一手詰め

かなり昔の話になるが、自分が高校生の頃、どうしても解けない一手詰めがあった。今見ると簡単な問題なのだが。それが図の問題である。

1手詰

シンプルな問題で手も限られているのだが、当時は何故か正解が見えなかった。最初に▲3二飛成や▲2三飛成を考えたのだが、△3三歩と合い駒されて詰まない。

正解は▲3一飛成である。竜が間接的に玉をにらんでいるので、△3三歩と合い駒されても、▲同角成と取ることができる。よって合い駒利かずの詰みである。

一手詰めとはいえ、意外と難しい問題もある。有段者でも、実戦で簡単な詰みを見落とす場合が結構ある。終盤が苦手という人は、まずは一手詰めをきっちり解けるようになることが大事だと思う。

羽生の一手詰 (SUN MAGAZINE MOOK)







アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ