FC2ブログ
オーストラリアドル

里見香奈女流が快勝スタート!

女流王位戦が開幕し、里見香奈女流王位が甲斐智美女流四段に快勝し、初防衛に向け、好スタートを切った。

第1図

本局は甲斐女流四段のゴキゲン中飛車に対し、里見女流王位が丸山ワクチンで対抗する展開に。

第1図より ▲1六歩 △8四歩 ▲1五歩 △8三銀 ▲1四歩 △同歩 ▲1二歩 △同香 ▲2四歩(第2図)

遅いようでも1筋を伸ばしていくのが好手だった。将棋はこのようにじっくり駒を使っていく手が好手になることが多い。対して冷静な棋風の甲斐女流四段も△8四歩からじっくり指したが、もう少し後手から動いていくべきだったようだ。

本譜は香を釣り上げて▲2四歩と教科書通りの攻めが決まった。第2図は先手が有利である。

第2図

第1局から里見女流王位が強さを発揮して快勝した。持ち時間も2時間近く残しており、まだまだ余裕といった感じである。一体どこまで強くなるのであろうか。

女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け







スポンサーサイト



伸びる人・伸びない人その3

多くの伸びない人に共通しているのは、ズバリ言い訳が多いことである。気持ちはよくわかるが、本気で強くなろうと思ったら言い訳してはいけない。ここで、自分が聞いたことのある言い訳をまとめてみたい。

・仕事が忙しくて勉強できない。

・大会で負けたのは、くじ運が悪かったからだ。

・あともう少し持ち時間があれば自分が勝てていたはずだ。

・自分のほうが強いのに、ハメ手でやられてしまった。

このようなことを言う人が、結構いるのである。だが言い訳する人は、自分が負けた理由に気づかず、反省していないことが多い。だから欠点が直らず、同じ負け方を繰り返すのである。

強くなる人は素直に自分の負けを受け入れ、その上で反省して次に活かしている。人間には誰しも弱点はあるが、それを冷静に見つめ、改善することで少しずつ成長していけるのである。

初段になるための将棋勉強法







アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ