FC2ブログ
オーストラリアドル

NHK杯で四間飛車が登場

本日のNHK杯村山慈明六段-阿部光瑠四段戦は後手がノーマル四間飛車を採用するという意表の展開となった。

第1図

第1図は後手が4二の飛車を5筋に動かしたところ。次に△5五歩からの歩交換を狙っている。普通は△4五歩~△4四銀とする展開が多い。この局面、厳密には先手が少しいいのかもしれないが、個人的には後手もまずまずかと思う。

第2図

第2図は後手優勢の終盤。ここで△6七金と打っておけばおそらく後手が勝っていただろう。△9四歩としたのが痛恨の一手で、この手が詰めろになっていなかった。以下▲6二成香と開き直られて後手は困っている。阿部四段としては残念な一局となってしまった。

プロ間では激減してしまった四間飛車だが、たまに出現すると嬉しい。形が美しく、個人的にすごく好きな戦法である。新たな研究によってまた復活することを期待したい。





四間飛車激減の理由 (マイナビ将棋BOOKS)





スポンサーサイト



奨励会の仕組み7・三段リーグ

三段リーグは半年にかけて全18局を戦うリーグ戦。そこで上位2位までに入ったものが晴れて四段となり、プロとしてのスタートラインに立つこととなる。

リーグは前期・後期と年に2度行われる。よって通常は一年に4人しかプロになることができない。非常に狭き門となっている。

例外として次点を2度取った人も四段になれる。だがこちらは順位戦への参加はまだ認められず、フリークラスからのスタートとなる。

またあまり知られていないが、三段リーグにも降級規定がある。規定では2回連続で.250以下、つまり4勝以下だと二段に降段となってしまうのだ。

厳しいリーグだけに、ずば抜けた実力者でもなかなか上がれない例も多い。そこで気になるのが年齢制限。基本的に26歳までに四段にならなければ退会しなくてはならない。三段リーグが最も過酷だと言われるのはそのためである。






アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ