FC2ブログ
オーストラリアドル

第3回電王戦の出場棋士が決定!!

本日、第3回電王戦の出場棋士5人が発表された。出場するのは以下の5名。

屋敷伸之九段
森下卓九段
豊島将之七段
佐藤紳哉六段
菅井竜也五段

正直、森下九段の出場には驚いた。どちらかといえばアナログ的な感じのする棋士で、電王戦に出てくるイメージが沸かなかった。またタイトル保持者の参戦はなかったが、豊島七段と菅井五段はどちらも20代前半の若手で未来のタイトル候補と言われている。ぜひのびのびと実力を発揮してもらいたい。

対するコンピュータソフト側は「電王トーナメント」が11月に行われ、出場する5ソフトが決定する。こちらにはBonanza、ponanza、ツツカナ、習甦ら有名なソフトがエントリーしている。まずはこちらの戦いに注目したい。

第2回電王戦のすべて



スポンサーサイト



JT杯、羽生三冠が決勝進出

注目のライバル対決となったJT杯準決勝の羽生善治三冠-渡辺明竜王は羽生三冠が快勝、見事に決勝進出を果たした。

本局は相矢倉の銀損定跡と呼ばれる形に進んだ。後手の渡辺竜王の対策が見所だったが、先手のほうが先に攻め方を変える展開となった。このあたりは相手に的を絞らせないという羽生三冠の作戦なのかもしれない。

第1図

第1図より ▲1二歩成 △7八桂成 ▲同玉 △8六歩 ▲同歩 △8八歩 ▲8五香(第2図)

急所の△8六桂に対して無視する対応は珍しいのではないだろうか。▲同歩と取るよりも安全と見たのだろうか。そして△8八歩の瞬間に▲8五香と切り返す。この香が厳しかった。後手は飛車の逃げ場所が難しい。

7二や9二に逃げると▲8三香成と追撃されるし、6二なら▲5四桂がある。本譜は△5二飛と逃げたが、それでもやはり▲5四桂が厳しく先手の勝ちとなった。

第2図

これで羽生三冠は4年連続の決勝進出。何やら当たり前のように勝ち進んでいるが、よく考えるとものすごい大変な記録で、あらためて羽生三冠の強さに驚かされる。
アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ