FC2ブログ
オーストラリアドル

C級2組、千田四段・横山六段が昇級!

 第73期C級2組順位戦の9回戦が行われ、全勝の千田翔太四段と横山泰明六段がともに勝って9連勝と星を伸ばし、1局を残してC級1組への昇級を決めた。

 千田四段はまだ20歳と若く、将来有望な関西棋士。一方の横山六段は12期目での昇級と苦しんだが、勝率は高く実力は折り紙つき。どちらもC級1組でも昇級争いに食い込んできそうだ。

 残る1枠は中村亮介五段、岡崎洋六段、村田顕弘五段の3名の争いに。中村-村田の直接対決が組まれており大注目。勝てば昇級の決まる中村五段がもっとも有利な立場だが、果たしてどうなるだろうか。

 現時点の上位の成績
9勝0敗 千田翔太四段(昇級)、横山泰明六段(昇級)
8勝1敗 中村亮介五段、岡崎洋六段
7勝2敗 村田顕弘五段、ほか4名


マイコミ将棋BOOKS よくわかる角交換振り飛車




スポンサーサイト



棋王戦が開幕、第1局は渡辺棋王が競り勝つ

 将棋ファン注目のゴールデンカード、渡辺明棋王と羽生善治名人による第40期棋王戦が開幕。第1局は横歩取りとなり、103手までで渡辺棋王が勝利をおさめた。

第1図

 第1図は終盤戦、87手目に渡辺棋王が▲6六金と出たところ。この手が玉の懐を広げながら後手の飛車を責める絶好の一着となった。以下も鋭い攻めで後手玉を寄せきり、渡辺棋王が激戦を制した。

 羽生名人得意の横歩取りを撃破し、渡辺棋王にとっては大きな1勝。3連覇に向けて好スタートとなった。


将棋世界 2015年 03月号 [雑誌]




広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ