オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「才能」は関係ない

将棋指しの実力を語るとき、よく才能という言葉が使われる。たしかに人によって才能に差があるのは事実である。だが才能というものは、将棋の強さや勝敗には全く関係がないと自分は思っている。

例えば自分は10秒将棋をやるとものすごく弱い。全く手が見えず、ボロボロになって負けてしまう。早見えの人が羨ましいと感じることも以前はよくあった。

だが逆に考えると、10秒で手が見えなくても、30秒、あるいは1分考えれば、じゅうぶん自分の力を発揮できるのだ。時間をかけてじっくり考えればいいだけのことである。だから手の見え方が遅くても、なんら気にすることはない。むしろ丁寧に指す習慣が身につくのではないだろうか。

もちろん早見えが悪いということではない。それぞれが自分に合ったスタイルを構築していけばよいのである。

将棋界では若いうちに活躍しないと、その棋士は才能がないとレッテルを貼られてしまう。だが実際には遅咲きの棋士が活躍する例は多い。丸山忠久九段や藤井猛九段は奨励会試験で落ちたことがある。だがその後の努力によって、それぞれ名人、竜王にまで上り詰めたのである。才能云々よりも、日々の将棋への取り組み方が大事なのではないだろうか。

初段になるための将棋勉強法







関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。