オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


里見女流に女流六段を

里見香奈女流五冠の誕生はテレビや新聞でも大きく取り上げられ、改めて注目度の高さを感じさせられた。そこで思うのだが、女流の最高段位である女流六段を与えてもよいのではないだろうか。

実は里見女流五冠の段位はまだ女流五段なのである。ずっとタイトルを持っているため普段は呼ばれることはないものの、段位は貴重なステータスである。

女流六段昇段の条件は、規定によると「抜群の成績と実績」とある。里見女流五冠は過去の14度のタイトル戦を全て制している。抜群の成績であることは間違いない。

ちなみに女流四段はタイトル3期、女流五段はタイトル7期と規定されている。これらを考えても、タイトル14期はじゅうぶん女流六段に値すると思う。

過去、女流六段に昇段したのは清水市代女流六段、中井広恵女流六段の二人のみ。二人のタイトル獲得数はそれぞれ43期と19期である。比較すると少し及ばないものの、勝率の高さやタイトル戦で負けなしという事実があり、文句なしの成績である。むしろ最高位でないことが不思議である。

男性棋士だとタイトル3期で最高位の九段となる。それに比べるとずいぶん昇段規定が厳しい。女流棋士も活躍した人にはそれに見合う段位を与えてもいいのではないだろうか。





女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。