オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


将棋上達法2・終盤力の強化

勝敗の行方を分けるのはなんといっても終盤である。序盤で多少作戦勝ちしても、終盤力がなければ、あっさり逆転されてしまう。終盤力の強化は欠かすことができないテーマである。

具体的に言うと、

1 囲い崩し
2 詰め将棋

この二つを学ぶことが大事である。

実戦でいきなり詰まそうとしても、相手玉がしっかり囲ってあると詰みに持ち込めない。だからまずは囲いを崩すことが大事なのである。そして囲いが崩れたら、相手玉を詰ますチャンスである。詰め将棋でトレーニングしておけば、実戦でもきっちり詰ますことができるだろう。

ここで具体例を見てみたい。

第1図

第1図は後手玉が美濃囲いに守られていて、すぐに詰ますことはできない。こういうときに、囲いの崩し方を知っておく必要がある。

第1図より ▲6二銀 △同金(第2図)

▲6二銀が急所の一手である。この手を知っていれば、美濃囲いを恐れることはない。逆に言うと、知っていなければなかなか美濃囲いを攻略できない。囲いの崩し方を勉強することは大事なのである。

囲い崩しを学ぶには「佐藤康光の実戦で使える囲いの急所」がおすすめ。他にもいろいろな本が出ているので、最低でもどれか1冊は買っておきたい。

佐藤康光の実戦で使える囲いの急所 (NHK将棋シリーズ )




さて、第2図は後手玉が弱体化しており、実は即詰みがある。初段程度あれば読み切れると思う。考えてみてほしい。

第2図

第2図より ▲7一銀 △9二玉 ▲9三香 △同玉 ▲8二銀打 △9二玉 ▲9一銀成 △9三玉 ▲8二銀不成 △同玉 ▲9二金(第3図)

第3図

手数で言うと11手詰めであったが、手順としては決して難しくない。9三に駒を捨てて8二から銀を打つのが寄せの基本である。実戦でも、このような手数は長いが簡単な詰みというのはよく生じる。詰め将棋でトレーニングをしておけば、確実に読み切ることができる。

逆転の5手詰 (将棋連盟文庫)




攻め方をマスターすると、実は受けの力も強くなる。相手がどう攻めてくるかわかるようになるから、それを防ぐことが可能になるのだ。だから囲い崩しと詰め将棋を勉強して、とにかく攻めの力を向上させてほしい。それが総合的な終盤力の強化につながるのだ。

前回の記事 続き




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。