オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


将棋上達法7・強い人に教わる

前回の記事でライバルが大事と書いたが、同じレベル同士で繰り返し対局していると、いつもワンパターンの将棋になってしまうことがある。

そうなると実力が伸び悩んでしまう恐れがある。そこから抜け出すためには強い人に教えてもらうに限る。

教わるといっても、ただ対局するだけでは意味がない。感想戦でいろいろ質問して、多くのことを吸収することが大切である。

自分が当然だと思って指した手でも、強い人から見たら筋が悪かったり、もっと別のいい手があったりする。そういうことは自分ではなかなか気づけない。

強い人に教えてもらうことによって、それまで知らなかったことに気づくことができる。それが自分の成長につながるのである。

感想戦では中終盤を中心に教わってほしい。「ここでは自信がなかった」というような対局心理を教えてもらうことが大切なのである。

表面的な指し手だけでなく、思考法や感覚といったものを肌で感じることができる。それによって自分の大局観が磨かれるのである。

前回の記事 続き




上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。