オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山崎隆之七段の構想力

先日のNHK杯佐藤天彦七段-山崎隆之七段戦は面白かった。若手同士の白熱の好対局であったが、序盤の山崎七段の指し方が上手かった。

第1図

第1図は後手が△5三銀と急戦を匂わせたために先手も対抗して▲5七銀と上がったところ。銀には銀で対抗するのは基本的な受け方であるが・・・。ここから後手は持久戦模様に切り替える。

第2図

第2図となってみると、先手は5七銀型が損な形になっている。通常は銀が3七にいて▲3五歩から角を捌くところである。ところが5七銀型のために角を使いづらくなっているのだ。ここでは後手がやや作戦勝ちだと思う。

結果的に敗れてしまったが、山崎七段の構想力が光った一局だった。





逆転のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。