FC2ブログ
オーストラリアドル

名人戦第5局、攻めが繋がるか?

第71期名人戦第5局、羽生善治三冠-森内俊之名人は第1図の局面で封じ手となった。

第1図

羽生三冠は封じ手時刻になってもなかなか封じず、さらに12分ほど考えてからの封じ手となった。表情を見ていると少し迷っているようにも見えたが、どうだろうか。

ここは攻めが繋がるか切れるかの瀬戸際で、すでに勝負どころである。自然な手は▲1四銀だが、時間を使っていたところを見ると▲3六銀のような変化を考えていたのだろうか。羽生三冠の選択に注目が集まる。






関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ