オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


甲斐女流、凌いで2勝目!

第24期女流王位戦第4局は197手の長手数の末、挑戦者の甲斐智美女流四段が里見香奈女流王位を破り2勝2敗のタイとし、決着を最終局へと持ち越した。

第1図

本局は大激戦となったが、甲斐女流の受けの強さが光った。

第1図より ▲6九銀 △6七成銀 ▲6八歩

ここで▲6九銀がしぶとい。この局面で受けに回れる人はそうそういないのではないのだろうか。ここから後手が猛攻を繰り出す。

第2図

第2図は後手が△8七角と迫ったところ。これで受けなしかと思われたが・・・。

第2図より ▲4八玉 △6八銀不成 ▲3六歩 △5七銀不成 ▲3七玉 △3四桂 ▲2六歩(第3図)

この早逃げが好手だった。後手も厳しく攻め立てるが、最後の▲2六歩が冷静な一手で、先手が受けきった。

第3図

途中から甲斐女流はずっと1分将棋だったのだが、後手の猛攻をひたすら受け続けて凌ぎ切った。里見女流相手にこの将棋を勝てる女流は他にいないのではないだろうか。素晴らしい将棋だった。






関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。