オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


順位戦予想

今日のB級1組の対局を皮切りに、いよいよ今期の順位戦がスタートする。ここで遅ればせながら、各組の優勝・昇級者を自分なりに予想してみたい。なお、降級予想は気が引けるのでやめておく。

A級 郷田真隆九段

ここ数年は他棋戦でも非常に活躍しており、棋王を失ってからも好調を維持している。久々の名人挑戦に期待したい。

B級1組 豊島将之七段 山崎隆之七段

まずは豊島七段をあげたい。このクラスは対局数が多く混戦になるため、4敗でも上がれるケースもある。順位が低くてもあまり関係ない。豊島七段は確実に星を伸ばしてくるのではないだろうか。

もう一人は山崎七段をあげたい。指し手のセンスはこのメンバーの中でもズバ抜けている。あとは取りこぼしを少なくできるかどうかがポイントだろう。

B級2組 佐藤天彦七段 窪田義行六段

最初の一枠はここのところ充実著しい佐藤七段で決まりだろう。明らかに力をつけており、上のクラスでも充分やれる実力者である。

もう一人は窪田六段をあげる。昇級争いに何度か絡んだこともあり、実力は充分。今年は混戦になりそうなので、2敗ならチャンスがありそう。

初参加の村山六段や稲葉六段も有力だが、今回はあえて外す。このクラスのベテラン勢はしぶとく、簡単に1期での通過はさせてもらえないのではないか。

C級1組 中村太地六段 菅井竜也五段

このクラスは若手有望株が多く、一番予想が難しい。

まずは中村六段。各棋戦で活躍しており、抜けた実力である。取りこぼしがなければ昇級できるだろう。

菅井五段はC級2組から上がってきたばかりだが、連続昇級に期待したい。勢いがあるので、序盤を乗り切れば一気に星を伸ばすのではないだろうか。

C級2組 永瀬拓矢五段 大石直嗣六段 澤田真吾五段

どうしても若手が多くなってしまうが、昨年の新人王の永瀬五段の実力は一枚抜けている。全勝しても何らおかしくはない。

大石六段は順位戦ではあまり目立たないが、他棋戦での活躍が光る。そろそろC級1組へ上がってほしい。

澤田五段は前期は最終戦で涙を飲んだ。その悔しさをぜひとも晴らしてもらいたい。






関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。