オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総選挙と将棋

将棋のいいところは、老若男女すべての人が同じ条件で戦えるところである。そして、強いほうが勝つ。その公平でわかりやすいところこそが将棋の魅力なのではないだろうか。

これがもし総選挙で1位になった棋士が名人になれるという仕組みだったらどうだろうか。自分は将棋ファンにはなっていなかったと思う。たしかに面白い将棋を指す棋士は増えるかもしれないが、面白ければそれでよし、という風潮になり、将棋の質が下がってしまうのではないか。それはあまり好ましいことではない。

やはり実力で全てが決まるという今の仕組みは素晴らしい。もちろん厳しさもあるが、だからこそファンを惹きつける名勝負が生まれるのだと思う。






関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。