オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奨励会の仕組み2・勉強法

奨励会といっても毎日将棋を指す訳ではない。基本的に月2回の例会とよばれる日に対局し、その結果により段や級が上がっていく。

基本的に例会以外の日は自由。だが、この自由な時間でどれだけ勉強するかによって成績が大きく変わってくる。絶対に強くなりたいという意志が何より大事な世界である。

当然ながら将棋には指導してくれるコーチはいない。自分なりの勉強法を見つけたり、スランプ時の気持ちの立て直し方、生活習慣の確立、対戦相手の研究等、自分ひとりで全てをやらなくてはならない。これらを奨励会で学んでいくのである。これらのことができなくては、一人前のプロにはなれない。






関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。