オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相矢倉・脇システムについて

先日の記事でちらっと紹介したNHK杯の準々決勝・三浦弘行八段-郷田真隆棋王戦から。

011

この将棋は脇システムと呼ばれる戦型で、図は郷田棋王が6四の角を4二に引いたところだが、この△4二角が珍しい。私は知らなかったが、古い定跡にはある手のようで、近年では2004年の王将戦第4局(森内-羽生)でも指されていた。

この△4二角では△1四歩とするのが一般的だが、よくよく考えてみると、棒銀で攻められる可能性があるのに端歩を突くというのは、将棋の常識からするとおかしな一手である。そこで△4二角と角交換を拒否し、後手から9筋を攻めるというのは非常に理にかなっている。本筋を追求する郷田棋王らしい構想だ。そう考えると先手が▲9六歩と突くのもおかしいのかもしれない。常識とされていた手が実は間違っているかもしれない。いろいろと考えさせられる将棋であった。

この脇システムはプロ間で現在ブームになりつつある。今後定跡がどのように進化していくのであろうか。




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。