オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガジガジ流と激辛流

藤井猛九段のガジガジ流と、丸山忠久九段の激辛流。この2つは一見異なるようだが、実は非常に似ている。それはどちらも「先行逃げ切り」を勝ちパターンとしているところである。

ガジガジ流の特徴は相手の玉付近で局地戦が延々と続くところ。攻める側としては指し手がわかりやすく、複雑な読みを必要としない。だから間違えることなく確実に勝つことができる。

一方の激辛流は相手の攻め手をあらかじめ封じることで、安全に勝とうという指し方。つまりどちらも、序盤のリードを活かして確実に勝とうとする手段なのである。

考えてみるとこの2人は序盤のスペシャリストという共通点がある。序盤に得意戦法でリードを奪っておいて、あとは確実に逃げ切って勝つ。これが現代の将棋の必勝パターンなのかもしれない。





四間飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋塾)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。