オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「羽生vs森内百番指し」:棋書レビュー

「羽生vs森内百番指し」
著者 羽生善治 森内俊之
発売 2011年1月
出版 日本将棋連盟
定価 2800円(税別)
評価 90点

羽生VS森内百番指し






内容
巻頭インタビュー
自戦記編
棋譜解説編
羽生vs森内記録集




初対戦となった1988年1月の対局から、100局目となる2010年10月の対局までの棋譜を解説付きで完全収録した一冊。棋譜はどれも濃密なものばかりで、二人の熱戦を堪能できる。

中でも1996年の名人戦(羽生さんが4勝1敗で防衛)と2005年の名人戦(森内さんが4勝3敗で防衛)は特に素晴らしい将棋ばかりで、歴史に残るシリーズだったと思う。ぜひ盤に並べていただきたい。

本書は二人が自戦記を3局ずつ書いている。普段この二人が自戦記を書く機会は少ないため、貴重である。また棋譜解説編では勝った側の棋士が解説を担当している。対局者ならではの微妙な実戦心理が垣間見えて面白い。

唯一物足りなかったのは、他の棋士による分析記事がなかったこと。過去に発売された「谷川vs羽生100番勝負」や「羽生vs佐藤全局集」と比べてその点だけが残念。もう少し第三者視点から二人の関係性を語る記事があってもよかった。だがその他の部分は素晴らしく、買って損のない一冊だと思う。

最後に、森内さんのまえがきの文章が素晴らしく、非常に印象に残っている。ぜひ手に取ってご覧になっていただきたい。




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。