オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横歩取り8五飛戦法・9六角の変化は

後手番で横歩取り8五飛戦法を指すときに避けて通れないのがこの▲9六角と打ってくる筋。これが成立すると後手としては困ってしまうのだが。

第1図

第1図より △6五飛 ▲6六歩 △6四飛 ▲6五歩 △8四飛 ▲6三角成 △5二金(第2図)

後手は一旦△6五飛と回って、先手に▲6六歩~▲6五歩と突かせる。先手陣に隙を作る狙いだ。そして▲8四飛が桂にヒモをつけてこの一手。先手の▲6三角成に対し△5二金(第2図)もこの一手。ここがポイントの局面。

第2図

第2図より その1 ▲3六馬 △6六歩 ▲5八金 △4四角 ▲8八銀 △6七歩成 ▲同金右 △2六角 ▲同馬 △2八歩(第3図)

▲3六馬は先手の飛車にヒモをつけた手だが、悪手。後手は単に△4四角ではなく、先に△6六歩と垂らすのが妙手。後に△6七歩成と成り捨てることで先手陣が大幅に弱体化している。

最後の△2八歩が決め手で、取れば△3八飛の両取りがかかる。この順は後手が必勝となる。

第3図

第2図より その2 ▲9六馬 △4四角 ▲2四飛 △7七角成 ▲同金 △2四飛 ▲2八歩 △4二金左(第4図)

先手としては▲9六馬のほうが勝りそう。△4四角に対しては▲2四飛と綱渡りで受ける。後手は△7七角成から飛車を素抜くが、▲2八歩としておいて先手も崩れない。ただ、最後の△4二金左が冷静な受けで、第4図も厳密には後手がよさそう。

第4図

結論としては▲9六角の変化は後手がやや指しやすいということになる。なのでプロ間では現在は指されていない。ただ、思ったよりも大変な変化も多く、一度採用してみるのも面白いかもしれない。

マイナビ将棋BOOKS 横歩取り必勝ガイド







関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。