オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天才 羽生善治の軌跡 第2回

第16期棋王戦 南芳一棋王-羽生善治前竜王


1991年2~3月
通算タイトル 2期目(竜王1 棋王1)

第1局 後手 ○ 相矢倉
第2局 先手 ○ 相矢倉
第3局 後手 ● 相矢倉
第4局 先手 ○ 相矢倉

3勝1敗にてタイトル奪取

竜王戦で初タイトルを獲得した羽生さんだったが、翌年谷川さんの挑戦を受け1勝4敗で防衛に失敗、無冠となってしまった。だがその直後に棋王戦の挑戦権を獲得。羽生さんにとっては出直しのタイトル戦に「前竜王」という今では珍しい肩書きで挑んだ。

対する南芳一棋王は55年組の強豪の一人で、当時27歳の指し盛り。粘り強い棋風とほとんど動きのない対局姿勢から「地蔵流」の異名をとっていた。同時進行の王将戦に挑戦しており、二冠を目指すという状況だった。

本シリーズは4局すべて相矢倉となった。羽生さんはよく、相手の得意型で戦うということがあるが、本シリーズはその典型であろう。

4局とも激戦で、どの将棋も南棋王にチャンスがあったのだが、終わってみれば羽生さんが3勝1敗で棋王位奪取となった。この頃からすでに羽生さんの終盤力はずば抜けており、トップクラスを相手にしても終盤で競り勝つ場面が目立った。まだ20歳ながら、終盤力はすでにナンバー1であったのではないだろうか。

棋王位を奪取して無冠からわずか3ヶ月で脱出。このときから現在まで約22年半、ずっとタイトルを持ち続けている。改めて途方もない記録である。

天才 羽生善治の軌跡 第1回へ

羽生の頭脳2 急戦四間飛車破り Part2







関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。