オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょっと苦言を・・・

先日のマイナビ女子オープンの一斉予選は3名のアマ選手が勝ち上がるなど盛り上がった。だが棋譜中継を見ていて、プロ側の指し手の内容に若干の不満が残る部分もあった。


一例として、北村桂香女流2級-貞升南女流初段の一戦を取り上げたい。図は後手が圧倒的にリードしており、あとは寄せるだけという局面だったはずだが・・・。

第1図

実戦は第1図より△4一玉、▲5八桂、△7七角成、▲2三香成、△5ニ玉・・・と進行。以下十数手かけて入玉を目指しての後手の完封勝ちとなった。

だが正直なところ、ここでは寄せに出てほしかった。具体的に言うと△2一同玉と強く取り、▲2三香成に△7九飛(変化図)が詰めろで、明らかに攻め合い勝ちである。

第2図

変化図は先手玉は詰めろ、後手玉は詰めろすらかからない、2手差のはっきりした局面である。▲5九歩と受けても△5七歩成くらいでよい。紛れもほとんどなく、これくらいは読み切ってほしかったというのが本音である。

近年は女性のアマチュアも急激に伸びてきている。それだけにプロの側もよりいっそうの高い意識を持って厳しい将棋を指してもらいたいと思う。

ロリポップ!のドメインは105種類!!

きっとお好みのドメインが見つかるはず!


関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。