オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


王将戦第5局・渡辺明竜王が初の王将位獲得!!

王将戦第5局は渡辺明竜王が佐藤康光王将を破り、4勝1敗で初の王将位獲得となった。

充実著しい渡辺竜王だが、最近は中盤の戦い方が実に上手い。本局も中盤の勝負どころで差をつけて、そのまま逃げ切ったような印象である。

1図は先手が▲3三歩とたたいたところ。普通は△同桂と取るが・・・。
023

1図以下 △3三同角 ▲2五桂 △4六金 ▲3三桂成 △同桂 ▲4六歩 △3七角 ▲3八飛 △4六角成(2図)

024

なんと1図から後手は△3三同角と取った。先手の桂を手順に跳ねさせてしまい不利に思えるが、あっさり角を取らせる順を選んだ。駒損で、普通では考えられない進行だ。だが2図まで進んでみると、先手からの攻めの手がかりがなく、後手の馬が非常に大きい。いつの間にか後手が指しやすい局面になっている。この辺りの大局観の素晴らしさが、渡辺竜王の強さの秘訣なのであろう。

これで渡辺竜王は二冠に。いよいよ渡辺時代の到来といった感じである。この先、羽生世代がどう対抗するのか、あるいはもっと若い世代が現れるのであろうか。




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。