オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


森内名人、快勝でタイに!

第26期竜王戦挑戦者決定戦第2局が行われ、森内俊之名人が郷田真隆九段に快勝、1勝1敗のタイとして第3局に望みをつなげた。

本局は後手の郷田九段が2手目に△3四歩と突く意表の出だし。本局にかける意気込みを感じさせた。以下横歩取りの進行となり、第1図を迎える。

第1図

この第1図、どこかで見覚えがないだろうか。実は8月31日に行われた電王戦タッグマッチ第2試合の船江・ツツカナ対三浦・GPS戦(参考図)とほぼ同一の局面である。

森内名人は当日の解説者だったため、この変化を掘り下げていたのだろう。一方の郷田九段がこの将棋を知っていたのかどうかが非常に興味深いところ。

参考図

第1図より △8三歩 ▲2四飛 △同角 ▲1一角成 △3三角 ▲2一馬 △4二金 ▲3一馬(第2図)

郷田九段は自然に△8三歩と受けたが、飛車を切って角を成りこんで、さらに桂まで奪って3枚替えに。第2図は先手が指せるのではないだろうか。以下、森内名人が手堅くまとめて勝利を収めた。

第2図

これで1勝1敗のタイ。挑戦者の行方は全くわからなくなってきた。注目の第3局は9月9日に行われる。勢いは森内名人のほうがありそうだが、はたして結果はどうなるだろうか。
関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。