オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


森内名人、飛車の活躍で圧倒!竜王戦の挑戦者に

第26期竜王戦の挑戦者決定戦第3局、森内俊之名人-郷田真隆九段は117手で森内名人が勝利、成績を2勝1敗として竜王戦の挑戦権を見事に掴んだ。

投了図

投了図は先手陣がまだ固く、受けが利く形。一方の後手玉は裸で次に▲4二桂成が詰めろになる。確実な攻めだけに受けが利かず、投了もやむを得ない。

先手の9八の飛車が奇妙な形だが、実は2八の飛車が大移動してきたもの。

数えてみると、2八~3八~4八~4九~4五~6五~8五~8六~9六~9四~9八と何と10回も移動している。決して遊んでいる訳ではなく、投了図でも端の受けによく利いている。飛車の見事な活用が勝因となった。

森内名人は4年ぶりの竜王戦登場。前回は渡辺明竜王に4連敗で敗れている。だが今期は絶好調。前回とは違った大熱戦を期待したい。

矢倉の急所―4六銀・3七桂型 (最強将棋21)



関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。