オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


玉頭位取りの好局

NHK杯金井恒太五段-久保利明九段戦は玉頭位取りとなった。かつて有吉道夫九段が愛用していたことでも知られている戦型である。

第1図

先手は位を2つ取り実に伸び伸びした構えで、個人的には居飛車が充分な局面だと思う。ここから先手は▲7四歩、△同歩、▲8五歩と一気に攻める。多少強引だが、玉頭が先手のほうが厚いため成立しているようだ。

第2図

以下数手進んで第2図となっては先手が好調。銀が手に入れば▲4三銀が生じる。後手は陣形がバラバラなのが辛い。狙い通りの展開となり、先手の金井五段が久保九段を破る金星をあげた。

解説の藤井猛九段も玉頭位取りの優秀性を強調していたが、型にはまると滅法強い作戦である。もう少しプロ間でも指されるようになってほしいと思う。



関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。