オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「森内優駿流 必勝の発想」(甲斐栄次):棋書レビュー

「森内優駿流 必勝の発想」
著者 甲斐栄次
監修 森内俊之
発売 1997年4月28日
出版 主婦と生活社
定価 900円(税別)
評価 80点

森内優駿流 必勝の発想―序・中・終盤のテクニック (森内優駿流棋本ブックス)





内容
第1章 序盤の考え方と戦形パターン
第2章 中盤の発想とテクニック
第3章 終盤の決め技とテクニック




森内俊之名人の実戦譜を基に、様々な手筋や戦い方を解説した一冊。著者の甲斐栄次さんは観戦記者で、甲斐智美女流王位のお父様。

内容としては実戦で現れた手筋をまず部分図に切り取って分かりやすく解説し、その後にその手筋が実戦でどのような形で現れたのかを示してくれる。非常に読みやすく、読者が理解しやすいような構成になっている。

題材となった実戦は計10局。中には名局と言われる羽生善治三冠との初の名人戦の将棋も4局収録されている。初手からの全棋譜も掲載されており、一局の流れを掴むのにも最適である。

図面がやや見づらい感じはあるが、それ以上に内容が充実しており、読んでみる価値は充分にあると思う。
関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。