オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


C級1組、中村太地六段に土、全勝は3人に

C級1組順位戦は全勝の中村太地六段が阪口悟五段に敗れ1敗、全勝は糸谷哲郎六段、高崎一生六段、菅井竜也五段の3人となった。

中村六段は王座戦では健闘を見せているが、痛い1敗。そういえば羽生さんとタイトル戦で当たった人は自分の力不足を思い知らされ、調子を落としてしまうという話を聞いたことがある。実際王位戦で敗れた行方八段も調子が下降気味である。中村六段はそのようなことがないとよいのだが・・・。

関西の個性派である糸谷六段がトップに立った。これまで取りこぼしの多いタイプで順位戦はそれほど得意ではなかったが、今期は着実に白星を重ねている。こういう個性派棋士が上がってくると盛り上がるだけに、ぜひ昇級を期待したい。

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)



関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。