オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中村太地六段、初のタイトルに王手!

第61期王座戦第3局、羽生善治王座-中村太地六段は先手の中村六段が勝利、2勝1敗として初のタイトルまであと1勝となった。

第1図

中盤からペースを握った中村六段がやや優勢で迎えた第1図。ここからの指し手が落ち着いている。

第1図より ▲9一成銀 △同飛 ▲4六歩 △5四馬 ▲6五金 △4三馬 ▲3四香(第2図)

香を取った後、すぐに▲3四香や▲3四桂が予想されたが、一旦▲4六歩と馬を追ったのが冷静だった。手順に△5四馬と好位置に引かれるようだがそこで▲6五金と手厚く受けたのが自陣を安全にする好手だった。

以下、馬を引かせて▲3四香としたところでは先手の攻めが細いながらもつながる形で、先手が指せる。以下も確実に寄せ切り、中村六段が大きな2勝目をあげた。

第2図

本シリーズは中村六段の落ち着きぶりが光る。一直線の寄せだけではなく、慎重な指し手で逆転を許さない。羽生王座相手にこのような指し回しができる人はなかなかいないのではないだろうか。

とはいえ、羽生王座はここからが強い。中村六段があと1勝をあげられるかどうか、第4局は大きな一番となりそうだ。

将棋世界 2013年 11月号 [雑誌]



関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。