オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横歩取り・4五角定跡の変化手順

横歩取りは面白い。一般的にアマチュアにはあまり人気がないようだが、序盤から激しい展開になりやすく、緊張感を持って戦えるところが魅力である。ぜひもっと広まってほしいと個人的には思っている。

今日は後手が△4五角戦法を使ってきたときの局面を取り上げたい。第1図は△4五桂と跳ねてきたところ。通常は△5四香とするところで、珍しい手だが、研究の一手があった。

第1図

第1図より ▲3九角(第2図)

第2図

この▲3九角が研究の一手だった。実はこの手を2度指していて、いずれも勝っている。一見変な手だが、2八の銀に紐をつけながら5七の地点をカバーしている。対して△5四香なら▲5六歩、△同香、▲5八歩で受かっている。また△5七桂成と突っ込んできても▲同角、△5六香、▲5八歩くらいで先手がいいと思う。小駒が手に入ると、先手からも後手玉に迫りやすくなる。

ちなみに▲6六馬はオススメできない。将来後手から△5七銀と打たれる変化で、馬取りなってしまう恐れがある。持ち駒の角を使ってしまったほうが手堅くてよさそうだ。

実はこの局面、将棋世界の最新号で飯島栄治七段が講座の中で取り上げていた。その講座では第1図から▲6八玉で優勢という解説だった。確かにこちらの方が自然で、しっかりした受けなのかもしれない。

いずれにしても、横歩取りはしっかり研究を用意しておけば、それを勝利に結びつけやすいのである。また、自分でいろいろと創意工夫して新しい手を編み出していく楽しみもある。ぜひ一度指してみていただきたい。




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。