オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JT杯、羽生三冠が決勝進出

注目のライバル対決となったJT杯準決勝の羽生善治三冠-渡辺明竜王は羽生三冠が快勝、見事に決勝進出を果たした。

本局は相矢倉の銀損定跡と呼ばれる形に進んだ。後手の渡辺竜王の対策が見所だったが、先手のほうが先に攻め方を変える展開となった。このあたりは相手に的を絞らせないという羽生三冠の作戦なのかもしれない。

第1図

第1図より ▲1二歩成 △7八桂成 ▲同玉 △8六歩 ▲同歩 △8八歩 ▲8五香(第2図)

急所の△8六桂に対して無視する対応は珍しいのではないだろうか。▲同歩と取るよりも安全と見たのだろうか。そして△8八歩の瞬間に▲8五香と切り返す。この香が厳しかった。後手は飛車の逃げ場所が難しい。

7二や9二に逃げると▲8三香成と追撃されるし、6二なら▲5四桂がある。本譜は△5二飛と逃げたが、それでもやはり▲5四桂が厳しく先手の勝ちとなった。

第2図

これで羽生三冠は4年連続の決勝進出。何やら当たり前のように勝ち進んでいるが、よく考えるとものすごい大変な記録で、あらためて羽生三冠の強さに驚かされる。
関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。