オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歴史的死闘を羽生王座が制して2勝2敗に

第61期王座戦第4局は千日手指し直しの末に羽生善治王座が中村太地六段を下し、スコアを2勝2敗のタイとして、決着を最終第5局へと持ち越した。

千日手局は横歩取りの進行。だがこの一局は早々に千日手となる。先手の羽生王座の判断がやや消極的にも思えた。この時点で中村六段に流れが向いており、初タイトルを予感した人も多かったのではないだろうか。

指し直し局は一手損角換わりに。ここからの中村六段の指し回しが素晴らしい。

第1図

第1図より ▲5六歩 △7七角成 ▲同桂 △4六歩 ▲4八金 △4七銀 ▲4九金 △5六銀成 ▲1二銀(第2図)

後手は角切りを狙っているにも関わらず、強く▲5六歩と催促する。こういう度胸が素晴らしい。そして△5六銀成まで攻めさせておいて、▲1二銀と斬り合いに出る。ギリギリの局面を踏み込んでいく本当に素晴らしい将棋だと思う。

第2図

そして第3図は最終盤。先手が後手玉を寄せにいった局面。

第3図

第3図より ▲5七桂 △同と ▲6六歩 △5六玉 ▲6八桂 △4七玉 ▲3八金打 △3六玉 ▲5二角成 △8九飛(投了図)まで羽生王座の勝ち

▲5七桂が痛恨の敗着に。△同とに▲6六金としても△6四玉で打ち歩詰めの形となり詰まない。一方先手玉の詰めろは解除されていないようだ。ここでは▲6六歩、△同と、▲同銀とと金を消す順なら先手が勝ちだったようだ。ずっと押し気味だった中村六段としては悔しい敗戦となった。

投了図

本局は両者が死力を尽くしたという感じで今年度一の名局だったのではないだろうか。これで勝負は最終局にもつれ込んだ。この素晴らしいカードをもう1局見られるのは嬉しい。最終局もどちらが勝つにしても熱戦を見せてくれるだろう。

決断力 (角川oneテーマ21)



関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。