オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


B級1組、広瀬七段が1敗守る

昨日のB級1組順位戦では広瀬章人七段が畠山鎮七段との1敗対決に快勝し、トップの座を守った。広瀬七段は王位を失ってからしばらく低迷していたが、今期は絶好調。持ち前の終盤力をいかした切れ味鋭い将棋を取り戻している。A級入りも時間の問題といった感じになってきた。

ここで先日放映されたNHK杯の渡辺明竜王戦の終盤を取り上げたい。第1図はすでに後手が優勢で、いかに決めるかという局面。

第1図

第1図より △7九馬 ▲同銀 △6八金

攻守の要である馬をばっさり切って△6八金とくらいつく。これで先手玉は寄っている。広瀬七段の強さが存分に発揮された一局だった。

広瀬流穴熊 終盤の極意



関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。