オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これぞ名人芸!森内俊之名人が初戦を制す

17日から開幕した第26期竜王戦渡辺明竜王-森内俊之名人は第1局から大激戦となったが143手で先手の森内名人が勝利した。

本局のポイントはいろいろあったが、一番印象深いのが第1図の局面。

第1図

第1図より ▲8三歩 △同飛 ▲7四銀不成(第2図)

第1図は非常に危険な局面で、何はともあれ▲8七歩と受けるところだろう。ところが森内名人は▲8三歩~▲7四銀不成と敵の攻め駒を責める手段に出た。非常に力強く、これぞ名人芸という感じの受けだった。

第2図

第2図以下は△9七桂成、▲同玉、△8四飛、▲6三銀成に△8六角と後手が強攻したが攻めが届かず、最後は森内名人が競り合いを制して見事に勝利を収めた。

森内名人は渡辺竜王に対してこれまで相性が悪く、最近10局では1勝9敗、通算でも10勝17敗と大きく負け越していた。それだけに本局は苦手意識を払拭する大きな1勝となりそうだ。

将棋世界Special.vol3「森内俊之」 ~宿敵・羽生との闘いの軌跡~ (マイナビムック) (マイナビムック 将棋世界Special vol. 3)



関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。