オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JT杯、久保九段が2連覇達成!

第34回JT将棋日本シリーズ決勝は昨年と同じ羽生善治三冠と久保利明九段の顔合わせとなり、久保利明九段が勝って見事に2連覇を達成した。

第1図

大激戦の終盤となったが、図の▲6六馬の王手が決め手となった。この馬が4八に利いていて▲3七金と取ったときの自玉の詰みを消しており、最後は先手が競り勝った。

プロ棋界では振り飛車党が減少傾向にあるが、本局は久保九段が初手▲5六歩から華麗な捌きを見せての堂々の勝利だった。まだまだ振り飛車は通用するということを証明した素晴らしい将棋だったと思う。


久保の中飛車




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。