オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


急戦矢倉の定跡・その2

そもそも急戦矢倉は基本的に後手が欲張った形である。先手が黙っていると後手は一歩を手持ちにして5四銀型の好形に組める。また角も5五~7三と2手で右辺へ転回でき、通常の3一~6四~7三というルートよりも手得している。

そこで先手は後手の欲張った構想をとがめるために強く戦うのがポイントとなる。消極的に受けているだけでは形勢を悪くしてしまう。

第1図は後手が5筋の歩を交換したところ。ここから先手は飛車先を伸ばす▲2五歩と、角のぶつけを狙う▲7九角が有力。順に説明していきたい。

第1図

第1図より ▲2五歩 △5四銀 ▲7九角 △7三角 ▲2四歩 △同歩 ▲同角 △2三歩 ▲6八角(第2図)

飛車先を伸ばす▲2五歩は自然な一手。対して△5四銀は昔よく指されていた一手。現在では△3三銀という渡辺新手が発見されてそちらの方が有力とされている。これについてはまた改めて説明したい。

先手の▲7九角は次に▲4六角のぶつけを狙っている。この戦型では基本的に角交換になったら先手が有利。なので後手は△7三角と角交換を避けておく。そこで先手は▲2四歩から一歩交換して▲6八角(第2図)と進行する。

△7三角のところ△2二角とこちらに引く手もよく指されていた。居角のまま先手陣を攻めようという狙いで、これも有力な指し方の一つ。攻め好きな人にはこちらをおすすめしたい。

第2図

第2図より △3一玉 ▲7九玉 △4四歩 ▲8八玉 △5二金(第3図)

ここからは互いにすぐに攻める手はないので持久戦となる。第3図は互いに玉を固めて形勢は互角といったところだろうか。後手もまずまず指せると思う。

第3図

第3図はこれからの将棋だが、後手としては2筋の歩を交換されているのが見た目以上に痛い。そこで2筋の歩を交換させまいという渡辺新手が登場する。その渡辺新手を次回説明していきたい。


マイコミ将棋BOOKS 対急戦矢倉必勝ガイド




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。