オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


甲斐女流、倉敷藤花奪取で二冠に!

第21期倉敷藤花戦第3局、里見香奈倉敷藤花-甲斐智美女流王位は甲斐女流が勝利し初の倉敷藤花を獲得、女流王位と合わせて二冠に返り咲いた。一方の里見女流は女王と女流名人の二冠のみに後退となった。

最終局は甲斐女流のゴキゲン中飛車に対して里見女流が超速と呼ばれる3七銀型で迎え撃つ展開となった。

第1図

第1図より ▲2五歩 △1五銀 ▲1六歩 △4四歩 ▲1五歩 △4五歩 ▲2四歩 △5五角 ▲2三歩成 △4六歩 ▲3二と △4七歩成(第2図)

図から▲2五歩~▲1六歩と銀を取りに行ったのがどうだったか。駒得を狙う手だが、なんとなく勢いがないような気がする。第1図では▲5四歩という手があったようだ。△4五飛と桂馬を取られてしまうが、そこで▲5三歩成と成る手がある。こちらの方が積極的で、里見女流らしい展開だった。

第2図

一直線に終盤を迎えて第3図。ここから甲斐女流が会心の寄せを見せる。

第3図

第3図より △5七香 ▲同金 △7七桂成 ▲同桂 △8九銀(投了図)まで甲斐女流の勝ち

△5七香が決め手。金を上ずらせて△8九銀の手筋が決まった。以下▲同玉なら△7七角成で受けがない。

投了図

本局は甲斐女流の快勝だった。女流王位戦は凌いで勝つ展開が多かったが、今回は強烈な攻めを見せての勝利。第2局では居飛車を採用するなど、新境地を切り開いている。

やはり女流王位戦で里見女流を破ってタイトルを獲得したことが、大きな自信となっているのだろう。このところ男性棋士にも結構勝っており、充実著しい。これからのさらなる活躍を期待したい。

一方、半年前に五冠を保持していた里見女流だが二冠にまで後退してしまった。今シリーズに関しては内容が悪かったのも気になる。奨励会との掛け持ちは気持ちの切り替えという面で想像以上に難しいのかもしれない。

関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。