オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


研究と意地がぶつかり合った竜王戦

今期の竜王戦は大変面白かった。個人的には歴史に残るシリーズだったと思う。全5局とも矢倉となり、両者の深い研究と意地がぶつかり合ったシリーズだった。

第1局で渡辺竜王が急戦矢倉を指したのはある程度想定内だったが、第2局で反対に森内名人が急戦矢倉を採用したのには驚いた。渡辺竜王としてはお株を奪われた形で、やりづらさを感じていたのではないだろうか。結果的にこの第2局を森内名人が制したのが大きく、一気に流れを引き寄せる形となった。

第3局で渡辺竜王が1勝を返す。途中で香損しながらじっと玉を囲うという驚きの構想を見せた。これで後手よしなら先手側は根本的に対策を考え直さなければならず、急戦が後手番の有力作戦として再認識されることになるかもしれない。

そして第4局。この将棋の△4四馬(第1図)が本シリーズで最も印象に残る一手となった。

第1図

本局は渡辺竜王が▲2五桂と跳ねる意表の一手が飛び出した。森内名人としてはあまり想定していなかった形のはず。にも関わらず数手後にこの△4四馬という前例のほとんどない手を指している。もちろん事前研究もしていたのだろうが、それ以上にこの手で行けると判断した大局観が素晴らしい。結果的にこの馬の力が強く、後手がギリギリで勝利を収めた。この将棋はシリーズ随一の名局だった。

そして第5局。森内名人が前局で指された▲2五桂を逆に採用し、またしても往復ビンタとなった。この将棋も森内名人に▲5七金と捨てる思い切った手が出る。この思い切りのよさが結果的に勝利を呼び込むこととなった。

本シリーズは森内名人の研究の深さ、決断のよさ、そして中終盤の正確さと長所が存分に発揮された。渡辺竜王も持ち味を発揮したものの、わずかに及ばなかった印象。スコアこそ大差になってしまったが、5局とも大熱戦で素晴らしいシリーズだったと思う。


矢倉の急所―4六銀・3七桂型 (最強将棋21)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。