オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


C級2組、大石六段がただ1人全勝守る

C級2組の7回戦でここまで6連勝の大石直嗣六段は伊奈祐介六段を破り7連勝。無敗をキープして単独トップとなった。同じく全勝だった佐々木勇気四段は瀬川晶司五段に痛恨の黒星。6勝1敗となっている。

上位陣の顔ぶれは次の通り。(かっこ内は順位)

7勝 大石直嗣六段(18)

6勝1敗 澤田真吾五段(4) 佐々木勇気四段(5) 村田顕弘五段(7) 千田翔太四段(45)

大石六段は俄然有利となったが、残る2つのイスはまだわからない。9回戦では澤田五段-村田五段、佐々木四段-千田四段の直接対決がある。ここを制した者が昇級へ大きく前進することになりそうだ。

棋王戦で決勝に勝ち上がっている永瀬拓矢六段も2連敗後の5連勝で6番手まで浮上してきた。数字上は厳しいが、上位陣にもプレッシャーがかかってくるだけに奇跡の逆転昇級も無いとは言い切れない。ここからの追い上げに注目したい。


ダイレクト向かい飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。