オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


急戦矢倉の定跡・その4

前回は後手の△5五同角に対して▲2五歩、△3三銀と進む展開を紹介したが、やや後手がやれそう。そこで第1図の▲7九角と引く手が主流となっている。これは次に▲4六角とぶつける狙い。

第1図

第1図より △7三角 ▲4六角 △6四銀 ▲7五歩(第2図)

この急戦の形では基本的に角交換は先手が得になる。後手のほうが駒組にスキが多く、角を打ち込まれやすい。そこで後手は△7三角と逃げておく。ここでは△2二角もあるが、先手は▲2五歩から飛車先の歩を交換しておけばじゅうぶん戦える。

△7三角には▲4六角と角をぶつけていく。対して△6四歩のような拒否の仕方なら▲7五歩と角頭をいじめて先手よし。そこで△6四銀と受ける一手だが、やはり▲7五歩(第2図)と角頭を攻めるのが急所となる。

なお、▲7五歩では▲6八角と引いておく手もタイトル戦に登場しており、ややじっくりとした展開となる。

第2図

第2図の後手は見た目以上にピンチを迎えている。まずは後手の失敗例を2つ示したい。 

失敗例その1 第2図より △7五同歩 ▲7四歩 △8四角 ▲6五歩(参考1図)

△7五同歩は大悪手。▲7四歩~▲6五歩とされると銀が逃げられずに駒損は必至。あっという間に後手が悪くなってしまう。

参考1図

失敗例その2 第2図より △7五同銀 ▲7三角成 △同桂 ▲5五角(参考2図)

△7五同銀も角交換から▲5五角で先手よし。単純な両取りが厳しい。とにかく後手陣はスキが多く、細心の注意を払わなくてはならない。

参考2図

第2図より △8四飛 ▲7四歩 △同飛 ▲5六歩(第3図)

△8四飛と浮くのが唯一の受けで、一応これで受かっている。先手は▲7四歩と取り込んだ後、△5五銀の筋を消すために▲5六歩(第3図)と受けておくくらい。

第3図

第3図も以前は先手有利と見られていたのだが、ここでまたしても渡辺新手が出る。これについては次回紹介したい。


変わりゆく現代将棋 上




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。