オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米長会長による将棋界の改革

故・米長邦雄さんは現役時代も強豪として知られ人気であったが、それ以上に会長時代に行った様々な改革が印象深い。

一番大きかったのはアマチュアに門戸を開いた瀬川晶司さんのプロテストだったのではないだろうか。61年ぶりのことであったという。実力があれば誰でもプロになれ、竜王や名人になることもできる。多くのアマチュアの方々に夢を与えた、素晴らしい英断だったと思う。

このときのプロテストの対戦相手も印象深い。A級棋士、フリークラス、奨励会三段、女流棋士・・・。通常の考えなら四段の棋士6人と戦うのが妥当だが、あえて話題性を重視した人選となっている。このあたりもファンへのアピールを第一に考える米長さんらしいところであった。


逆転のテクニック (将棋連盟文庫)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。