オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うっかりしやすい幽霊角

先日放映されたNHK杯の三浦弘行九段-高崎一生六段戦。白熱した一戦だったが、印象に残ったのが第1図の局面。

第1図

この△1五角が面白い手だった。一部では「幽霊角」などと呼ばれている手で、居飛車党の立場からするとうっかりしやすい手なのではないだろうか。おそらく三浦九段も見えていなかったと思う。

この手は次に△4八角成~△5七銀を狙っており、▲4七銀とかわしても△3一飛と回られて先手が苦しそう。結局先手は▲3七歩と受けたが、こう指すようでは居飛車が不満な中盤だろう。

最終的には後手が敗れてしまったが、△1五角の幽霊角は居飛車の意表を突くことが多く、有力になる場合が多い。非常に参考になる一手だった。


マイコミ将棋BOOKS 高崎一生の最強向かい飛車




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。