オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第3回電王戦出場棋士紹介その3~豊島将之七段


豊島将之七段プロフィール

棋士番号 264
所属 関西
師匠 桐山清澄
生年月日 1990年4月30日

棋風 居飛車党
順位戦 B級1組

受賞
第37回将棋大賞 勝率1位賞・最多勝利賞(2009年度)
第38回将棋大賞 新人賞(2010年度)
第39回将棋大賞 最多勝利賞(2011年度)



 若手のエース格である豊島将之七段。現在23歳の若さながら順位戦ではB級1組に所属、2010年度には王将戦で久保利明王将に挑戦し、2勝4敗で惜しくも敗れている。

 常に高勝率を誇り、通算200局以上で勝率が7割を超えているのは豊島七段と羽生善治三冠の2人のみ。圧倒的な勝ちっぷりで高い評価を得ていて、未来の名人候補との声があがるほどである。

 とはいえ、これまでタイトル獲得・棋戦優勝が一つもないのが意外。高い勝率の割にややインパクトに欠ける部分があるのも事実。ぜひ今回の電王戦で将棋ファンにその才能を見せつけてもらいたい。


豊島の将棋 実戦と研究 (マイナビ将棋BOOKS)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。