オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


羽生三冠、1勝を返す

 第63期王将戦第3局、渡辺明王将-羽生善治三冠は後手の羽生三冠が82手で勝利。これでスコアは羽生三冠の1勝2敗となった。

第1図

 第1図は後手が飛車取りを無視して△3九角と踏み込んだところ。これがいい勝負手であった。飛車の取り合いになれば後手陣の低い構えが活きる。

 第1図より ▲2四飛 △8七歩成 ▲同金 △8六歩 ▲8八金 △8四飛(第2図)

 ここで▲3八飛とすれば角が死んでいるが、△6六角成から猛攻を浴びそう。そこで▲2四飛と攻め合いに出たが、△8七歩成から形を乱した手が見た目以上に厳しかった。

 以下△8四飛と手を戻した第2図は次に△7七桂成~△8七歩成が残っており、後手がよさそうだ。羽生三冠の△3九角の勝負手が功を奏した一局だった。

第2図

 これで羽生三冠が待望の初勝利。シリーズの行方もわからなくなってきた。次の第4局がシリーズの行方を左右する大一番となりそうだ。


将棋世界Special Vol.2 「羽生善治」 ~将棋史を塗りかえた男~ (マイナビムック) (マイナビムック 将棋世界Special vol. 2)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。