オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


渡辺二冠の意欲的な振り飛車

 先日の王将戦第4局で注目されたのが、渡辺明二冠が中飛車を採用したこと。時折振り飛車を指すことはあったが、タイトル戦の、しかも負けたらタイに持ち込まれるという大事な一局で採用したのは驚いた。

第1図

 渡辺二冠と言えば非常に論理的かつ合理的な考え方をする。特に番勝負においては自分好みの戦型、勝率の高い戦型を徹底して選択するタイプだけに意外な印象を受けた。

 推測になるがここのところ羽生三冠にタイトル戦で苦しめられているため、意識的に棋風を変えようとしているのかもしれない。特に後手番において作戦の幅が広がれば、それだけでも番勝負では有利になる。今後、渡辺将棋がどのように進化していくか注目したい。

勝負心 (文春新書 950)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。